MENU
婚活、結婚したい

結婚したいけど、したくない。潜在意識の原因を探ってみよう

誰かと一緒にいたい気持ち
心のどこかに、ありませんか?

このところ「やっぱり誰かと一緒にいたい」。
そんな気分が高まっているように感じます。
一人でいるのはやっぱり不安。誰かと一緒にいられたらいいのに……。

ふつうの状況ではないからこそ、起きてくるこの想いは、心の奥にある「ほんとうはほしいもの」を教えてくれているのかもしれません。

だけど……。
誰かと一緒にいたいという気持ちがわきあがってくる一方で、動き出せずにいるとしたら。
そこには、なんらかの理由があることが多いんです。

誰かと一緒にいたい。
だけど、誰かと一緒に暮らすのは……無理かもしれない。
たとえば、そんな相反する気持ちがせめぎ合っていることはとてもよくあることなんですね。

だけど、ほんとに結婚したくないなら、一人でいることにきっと悩まないと思うんです。

もし「自分は結婚しなくていい」ときっぱりとは言い切れないなら。
・一人でいるよりも誰かとともに生きていきたい
・ほんとは結婚したいのかもしれない
という気持ちが心のどこかにあるのなら。

結婚や恋愛に向かっていこうとするときに、
引っ張られる気持ち
を見ていくといいかもしれません。

引っ張っれる気持ちがあるから、動けないのかもしれないとしたら……。
どんな気持ちに、引っ張られているでしょうか?

結婚したいけど、したくない理由

結婚したい、誰かと一緒にいたいけど
・なかなか動きだせない
・いつも片思いや遠距離の彼を追いかけてしまう
・三角関係をやめられない
・うまくいかない恋愛ばかり、気づくとしている
としたら……

例えば、次のような理由があることがあります。

1.結婚にいいイメージが持てない

子どものころ、両親の仲が悪かった。お母さんが幸せそうじゃなかったり、いつも愚痴を言っていたり、ケンカばかりしていたり。両親について「どうしてこの二人は結婚したんだろう、結婚なんてしないほうがよかったんじゃないか」と思ったり。結婚について、いいイメージを持っていない。
ほかに、結婚=不自由になるというイメージがあることも。

2.婚活してもうまくいかない気がする

婚活をしてもどうせうまくいかないんじゃないかという気持ちが、まず出てきてしまう。うまくいくイメージがまったく持てない。

3.過去の恋愛での苦い思いがある

恋愛して、誰かのことをまた好きになったらまた同じような辛い思いをするんじゃないか。また、彼に去って行かれてしまうんじゃないか、また彼を傷つけてしまうんじゃないか。同じようなことを繰り返さないためには、誰とも付き合わないほうがいい。そういえば、あの彼と別れてからは自分から相手を好きになることもなくなったというケースも。

4.人と暮らすと疲れそう

いつも職場や友達との関係で周囲に気遣って合わせているから、家に帰って一人でいる時間が欠かせない。一人でいるのが気楽。 誰かと一緒に暮らすなんて疲れてしまいそうという気持ちが先だって、出会いや婚活は後回しになってしまう。

5.自分を女として意識するのが苦手

男性と友達として接するのは大丈夫だけれど、男性から好意を持たれているのがわかると気持ち悪くなる。周りが結婚していき、自分もそろそろしなければと思うものの、男性とふたりでデートしたときに女性として見られるのがなんか嫌。積極的に婚活をする気にはとてもなれない。

6.親を置いて結婚してはいけない気がする

自分が結婚してしまったら、お母さんを一人にしてしまう。お母さんが寂しがるんじゃないか、自分がいなくなってもうちの両親はふたりでやっていけるのだろうかなど、結婚を考えると親のことが気になって後ろ髪をひかれてしまう。

7.これを知られたくない思いを抱えている

自分の心の中に、どこか「ここは人に見せてはいけない気がする」「隠しておかなきゃいけない気がする」というものを抱えていることもあります。
ふだんは意識できないような「ここを知られちゃったらどうしよう」という気持ちを持っていることも。
無意識的に「人に知られたくない。隠しておかなきゃ」を自分の内側に抱えていると、「婚活したほうがいいのはわかってるけど、その気にならない」などの気持ちになることも。無意識のうちに、人に近づかない行動を取っていることも。

潜在意識の「結婚したくない理由」は変えられる

引っ張られちゃっているのには、理由があります。
頭で理解したり、考えたりできる範囲ではない、
潜在意識や無意識に、理由があることも多いんです。
子どものころに思ったことや思春期に感じた気持ちが、奥の方に押し込まれたままになっていることも多いんですね。

潜在意識や無意識に「結婚したくない理由」を抱え込んでいるままだと、どうしても、「結婚したくない方向」に引っ張られてしまうものです。
だけど「気づいていないから」抱え込んでいるだけ、なんですね。

つまり。
「潜在意識に、結婚したくない理由があったんだ。
こんなふうに思っていたから、結婚したくなかったんだ」
を見つけられれば、思い込みは変えることができます。

 

潜在意識の結婚したくない理由に気づく
   ↓
どうしてそう思い込んだのか、探る
 ↓
未完了の思いを完了する
 ↓
結婚を遠ざける思い込みを書き換えていく

潜在意識や無意識にある思いは、気づくことで、手放して変えていくことができるんです。

繰り返します。
潜在意識、無意識にある思いは
気づいていないから、抱え込んでいるだけなんです。
気づくことで、変えていけます。

潜在意識・無意識の思いを完了させていくことで
「ほんとうはどうしたいのか、自分でもわからない」という感覚も変わっていくことが多いんです。

引っ張られる気持ちがいくつか複合していることも少なくありません。
ひとつ解いて、ちょっと行動した。そしたら次の抵抗が出てきた。これなんだろう?そうやって出てきたものを解いては、また行動していく。
その繰り返しをすることで、ほしいものに近づいて、手にすることができるようになるんですね。

大切なのは
「あっちにいきたい」
「あっちにいってみたい」という思いです。
それがあれば、潜在意識をひも解きながら、ほしいものを手にする方向に進んでいくことができます。

結婚後のふたりの関係を、イメージする

潜在意識や無意識にある「引っ張られる気持ち」を見ることは、抵抗を紐解いく作業です。

この引っ張られる気持ちを見つけて、解放していくことはとても大事です。

引っ張られる気持ちは「過去の思い込み」からの解放です。

同時に「どんなふうになりたいか」もイメージしてみるといいんですね。
進んでいきたい先のイメージをしてみるんです。
これは「未来へのビジョン」をつくるアプローチです。

 

・彼ができたら、一緒に何をしたい?
・彼ができたら、どんなふうに過ごしたい?
・彼ができたら、どんな関係を築きたい?

 

・ふたりで暮らし始めたら、どんなふうに過ごしたい?
・平日の夜はどんなふうに過ごしたい? 休日は何をしたい?
・どんな部屋に住みたい? リビングはどんな感じ?

 

・彼と一緒に、何をしたい?
・彼と一緒に、どんなふうに生きていきたい?

なりたい姿、ほしいパートナーシップをイメージをすることで、自分の意識はそちらの方向に向かい始めます。

「こうなるのは嫌だから結婚しない」というネガティブイメージから抜け出すためにも、「こうなったらいいな」に意識を向けるといいんですね。

イメージを描くときは、できるだけ具体的なイメージを描いてみるといいんですね。
実際にできるかどうかは、置いておくのがポイント。
こんなことしてみたいな~、あんなことできたらいいな~、こんな関係がつくれたらいいな~。
なるべくたくさん、書いてみてください。

とにかく書き出してみる。
ただぼんやり考えてるだけじゃなく、書き出してみるのがおすすめです。

もし、書こうとしても手が止まっちゃったり、ついついネットサーフィン始めちゃったりするなら(やろうとしても気分が乗らない状態になるなら)。
「人に聞いてもらう」というやり方がおすすめです。

どんなパートナーシップが作りたいですか?など、質問してもらい、それに答えるやり方だと、漠然としているものが引き出しやすいんですね。

結婚にネガティブイメージがあってもOK

とはいえ、恋愛したら、結婚したら、何をしたいかをイメージしてくださいと言ったとき「ぜんぜん思い浮かびません」ということも、とてもたくさんあります。

ネガティブなことなら、浮かぶんですけど……。
そういうことも、多いんですね。

それは、ネガティブなイメージが自分の中にあることを発見する機会なんです。
潜在意識や無意識の中にある、自分のネガティブイメージを発見することができたということです。
潜在意識や無意識の中にあるときには、自分でも何が原因なのかわからないまま、うまくいかなくて悩んでしまうわけですが、「こういう思いが自分の中にあったんだ」と発見することができたら、それを変えていくことができるんです。

ネガティブな思いやストーリーを発見することは、
これまでとは違うものを手にしていくチャンスなんです。

例えば。
両親の結婚にいいイメージを持っていないというのなら、両親とは違う結婚生活をつくっていくことに自分の才能があるのかもしれません。

過去の恋愛でいいお付き合いができなかったというのなら、これまでとは違うやり方で二人の関係をつくっていく才能があるのかもしれません。

どんなパートナーシップがほしい?
自分らしい形を見つけていこう

婚活してもうまくいくわけがないという気持ちがぬぐえないのなら、自分ではまだ気づいていない魅力や情熱が自分の中にたくさん眠っているということなのかもしれません。
ずっと押さえてきた自分らしさや情熱が、本当は表に出たがっているのかもしれません。

想いがあるから、「ほんとうにこのままでいいのかな」という気持ちがしているんです。

なりたいもの、ほしいものは自分の中にほんとうはあるんです。
「こういうパートナーシップがほしいのかもしれない」
「こんなふうに、人を愛したいのかもしれない」それらの想いがほんとうは自分の中に眠っているんですね。

もし一人で掘り起こすのが難しいなら。

そんなときは、第三者の視点を借りてくださいね。
眠っているもの、押さえているものを掘り起こすのに、これまでと違った気づきや視点って有効なんですね。
カウンセリングでしていることは、本人の中に眠っているものを引き出したり、これまでとは違うものごとの見方、感じ方ができないかを見ていったりということをしています。
そうすることで、閉じていたほんとうの気持ちが見えてくるんです。

結婚したいのかしたくないのか、よくわからない…。
そんな気持ちでも、ぜんぜん大丈夫です。
自分の気持ちを探っていくと、きっと納得する何かが見えてくるはずです。
婚活するにしろ、しないにしろ、「私はどうしたいんだろう?」を掘り起こしてみませんか? 

もしちょっとでも気になるなら、あなたの中に「ほんとうの気持ち」が眠っているのかもしれません。
そして、ほんとうの気持ちが表に出たがっているのかもしれません。
ぜひ一度、お話を聞かせてくださいね。

初回無料カウンセリング

初回無料のカウンセリングをどなたでもお試しいただけます。
お気軽にお問い合わせくださいね。
初回無料の電話カウンセリングって何?

◎こちらの記事もおすすめ
自分では気づかない「こんな自分が結婚するわけにはいかない」という深層心理ついての記事です。

コンプレックスと向き合ったら、42歳で彼氏ができた話 久しぶりに電話をいただいたC子さん(42歳)。開口一番「今日はまずご報告があるんです!」と話してくれたお話です。めっちゃいい話で、聞い...
婚活しなきゃ。なのに、なかなか一歩を踏み出せないそろそろ婚活をしたほうがいいのはわかってるんだけど。 なんか気が重い……。 そんな気持ちのまま、1、2年が過ぎてしまい「去年と変わってい...
実家暮らしの私が、なぜか実家を出られないって変ですか?自分を生きられていない感じがする、実家にいるのが息苦しい。なのに、実家を出たい気持ちがあるのに出られない……。その原因は何? 実家を出たほうがいいの? 実家を出たらラクになれる? 自分らしく生きたい気持ちを大切にしたいあなたへ。...
婚活がうまくいかないなら「理想のパートナーリスト」を掘り下げよう 婚活がうまくいかない……。そもそも、好きな人ができない……。 私もやっぱり結婚したほうがいいんじゃないかと思って、婚活をしてみた...
結婚したいのにできない理由の見つけ方結婚したいと思っている。なのに……結婚していない。 あれ? おかしくない??そうなんです、おかしいですよね。 結婚したいと思っているのに...
ABOUT ME
中村陽子/心理カウンセラー
中村陽子/心理カウンセラー
カウンセリングサービス所属。恋愛、婚活、片思い、復縁、生き方、自己実現などなど……年間600件のご相談を受けています。「このままでいいのかなと、もやもやする……」そんなときは電話カウンセリング(45分間/初回無料)もお気軽に使ってみてくださいね。ツイッターでも幸せをつかむマインドづくりのコツつぶやいてます@nakamurayoko70
カウンセリングを受けるには

カウンセリングを受けるのが初めてという方も、お気軽にお越しください。
うまく話せるかどうかなどは、気にせず、今悩んでいることをお話くださいね。
自分がほんとうにほしい生き方をつかんでいきませんか?

《例えばこんなお悩み》
・婚活・恋愛、パートナーシップ
・自分らしい生き方、やりたいことを生きる
・女性性開花、セクシャリティ
・人生の行き詰まり感
・ミッドライフクライシス
・40歳、50歳からの生き方

心理カウンセラー中村陽子のカウンセリングのご利用方法はこちらです。

カウンセリングを受けるには
最新のスケジュールはこちら