セクシャリティ、魅力

好かれると気持ち悪いのは、女として見られるのが嫌だから

異性として見られるのが気持ち悪い

男性に好かれると気持ち悪いと思ってしまう。
婚活などで、「私のこと好かれている」と思うとと気持ち悪いと感じてしまう。
そして2度目のデートに行く気がしないから、なかなか恋人ができない。
一方で、好きな男性とはなぜかうまくいかない……。

どうしてこういうことが起こるのか。
それは、女として見られるのが嫌だから。
異性として見られるのが、気持ち悪いから。

自分の女性性やセクシャリティをどこか嫌っているところがあるということかもしれません。

好かれると気持ち悪い

好かれると気持ち悪いというご相談をよくいただきます。

「私に好意を持たれる。その時点でそんな男性は気持ち悪いと思ってしまうんです」

「お互いに異性を意識しない友達としてならいいんだけど、異性として意識されると、その相手は遠ざけちゃう」

そんな話をよく伺います。

「相手が気持ち悪いんだ」
「好きじゃないのに好意を持たれるから、ウゲってなるんだ」
って、感じますよね。

相手の男性がキモいから、気持ち悪いってなるんだ。
と感じますよね。

だけど不思議なことに
相手がこちらに好意を持ってないとき(と感じているとき)は、気持ち悪くなかったりしませんか?
普通に話せたり、してませんでした?

それが、好意をもたれたとたん
ウゲッ、気持ち悪い
ってなるのは、なぜなんでしょうか……。

女として見られるのが気持ち悪い


男性に好意を持たれているなと感じたとき、
心の中でどうなってるかというと……。

男性に好意を持たれる
 ↓
自分を女性として見られてると感じる

やだ、気持ち悪いっ

ってなってるわけです。

ってことは……。
女として見られているのを感じるのが気持ち悪い。

ってことは……。
女を感じるのが気持ち悪い。

ん? どういう意味?

異性から好意を持たれると、自分が女性であること感じることになりますよね。
そこで気持ち悪くなるってことは、自分が女性であることを気もい悪いって思ってるということ。
ってことは、女であることを気持ち悪いって思ってるってこと。

だとしたら……。
女であることに抵抗があるのかもしれません。

自分のセクシャリティ、大人の女の部分に抵抗があるってことなのかもしれないわけなんです。

大人の女、女としての私。
それが自分の中にあるのが、嫌。

そんな感覚、どこかにありませんか?


男性がが自分に好意を持っていると感じた瞬間
うわ、嫌かも。
近寄らないでほしいかも。
って思ってたのは……。

自分が女性であることを意識するのが嫌だったから!
女性という性に気持ち悪さを感じているから!
って、びっくりですよね。

好きな人に好かれないほうが、都合いい?

好かれると気持ち悪い、女として見られると気持ち悪いと感じているとき、好きな人に好かれないという悩みを持っていることが多いんです。

好きな人には、好きになってもらえない。
これを別の見方からみると……
自分を好きにならない男性だから安心して好きになっている
のかもしれないんです。
びっくりですよね。

だって、相手から好意を持たれたら、自分の女・オンナを意識することになりますもんね。

私を好きにならない彼=私が女であることを意識しなくてすむ相手
うわ~、心って不思議。
勝手にそんなことを引き起こしていたんですね。

好きな人からの好意も、気持ち悪い

もちろん、頭では「好かれたい」と思ってます。
だけど……。
彼が好意あるかもとわかったとたん、「気持ち悪い」となってしまうことも、多いんです。

彼のこといいなと思っててせっかくのデートにこぎつけた。
なのに!!!
彼が近づいてきた瞬間、「うっ、なんか気持ち悪い」となって、「やっぱり彼のこと好きじゃないのかも」と思って、その恋は消えていく……。
せつなすぎますよね…。

好きじゃない人からの好意が気持ち悪い

好きな彼からの好意さえ、気持ち悪く感じてしまうわけですから。
興味のない男性からの好意も、気持ち悪く感じます。
しかも「生理的に無理と感じる相手ばっかりが近づいてくる。どうして!」ということも、起こりがちです。

「大人な女としての自分」「性的な自分」を嫌っていると、その「嫌悪感」を相手に映し出してしまうんです。

自分の中に「嫌悪感」がある
 ↓
そのフィルターを通して外の世界を見る

その嫌悪感を異性に映し出す
 ↓
近づいてくるのは、キモい男性ばかり

ってことに…。

大人な女としての自分を嫌っていればいるほど、
近づいてくる男性を「生理的に無理」「気持ち悪い」と感じてしまうようなのです。
びっくり。

ということは。
逆説的ですが、
「大人の女としての自分」「性的な自分」を受け入れていくと
近づいてくる男性の中にも「この彼、素敵かも」と感じる人が現れやすくなります

いいなと思う男性なんて、ぜんぜんいない!
それが
自分の性を受け入れることで
「この人、いいかも!」という相手に出会いやすくなります。
すごくないですか?

女としての自分を嫌っていませんか

大人の女としての自分。
自分の中の女。
それが嫌だ。嫌いだ。気持ち悪い。
そう思っているんだな。

そんなふうにいったん、受け入れてみるといいんですね。

近づいてくる男が気持ち悪いんじゃなくて。
自分が女であることを意識させられるのが嫌なんだ。
自分の中の女を、こんなにも嫌ってるんだな。
そう思ってることをいったん受け入れていくといいんですね。

自分の中の女を嫌ってることに、
いいとか悪いとかがあるわけじゃないんです。
ただ「そっか。嫌ってるんだな」というだけ。

別にいいじゃないですか、嫌ってたって。
そっか。嫌なのかー。
そっかそっか。

以上、まる。

いいとか、悪いとか。
ないんです。
ただ「そっか、私はそうなんだ」ってだけなんです。

そのうえで。
悩んでいる、気にしているということは、
「男性を好きになりたい」
「女性の部分も、ほんとは受け入れたい、解放したい」
ってことでもあるんですよね。

自分の中の女、嫌だ―って思ってる。
そうそう、そうなんだよね。
だけど、自分の中の女もそろそろ解放したいんだよね。
そうそう、そうなんだよね。

両方の気持ちを持ってるんだ~、私。

「女としての自分を解放したいんだな」ということにチャレンジしていくといいんですね。

思春期の体の変化をどうとらえましたか?

思春期って、子どもが大人へと変わっていく時期です。
小学校の高学年から中学生くらいにかけて、体の変化が始まりませんでしたか?

女子、男子ともに、この時期にカラダの変化が生じます。
女子なら、胸が大きくなったり、体つきがふくよかになったり、毛が生えたり。
男子なら、声変わりがしたり、骨格がよくなったり、精通があったり。

この時期、自分の体の変化に違和感を持つことってすごく多いんです。
毛が生えてきた、なんかいやだ~。
私は毛がすごくいやで、めちゃめちゃ気にしてました。

おっぱいが大きくなるのが嫌だった。
すごく恥ずかしくて、隠したかった。
みんなよりも成長が早くて、みんなと違っていくのがすごく嫌で。
自分の体(大人の体)をよくないものと思ってしまうこともあります。

生理がはじまるのもこの時期。
生理がはじまったことで、自分のことを汚いものと感じたり、匂いが気になり出したりすることも多いんです。
生理に「気持ち悪さ」を感じて、自分の嫌悪感にしてしまうこともとっても多いんですね。
生理に重たい感じを持っていることもありますよね。

大人へと体が変化していくことを
キモッ、気持ち悪いっ、どんより重たい
と感じちゃいましたよね。

その感覚、ふつうです。
ぜんぜん変な感覚じゃないです。

だけど。
その感覚が残っていると、恋愛のブロックになっちゃう。
いいなと思う男性であったとしても、好意を持たれると「気持ち悪いっ」ってなっちゃう。
せつないですよね…。

だとしたら。
女であることに、どんな嫌悪感を持ってるんだろう。
この嫌悪感を抱いたのは、いつからなんだろう。
というのを探っていくといいんです。

これらは、当時抱いた感覚ですよね。
自分の感覚だから、変えていくことってできるんですね。

女性的なものを生活の中に取り入れて
女性的なものに自分を馴染ませていくのもおすすめですし
カウンセリング(心理セラピー)を使って、自分の嫌悪感のルーツを探って
その重たいイメージを書き換えていくのも効果的かもしれません。

例えば、生理にしても。
お母さんが抱いていた感覚(生理はしんどい、重たい、汚いもの)を
知らない間に自分も受け継いでいることもあるんです。

だけどこれだって自分の中にある感覚なので
書き換えていくことってできるんです。

そして、大人の女にまつわる嫌悪感がなくなっていくと
軽やかで心地いいものとして女性性を感じられるようにもなっていくんですね。

自分のことが嫌いだったという自己嫌悪も
やわらいでいくことが多いんです。

思春期よりももっと前に
自分のセクシャリティをよくないものと思ってしまうことも。
それについてはこちらに詳しく書いてます。

セクシャリティを抑圧したのは、性の目覚めが早い女の子だったから?

セクシャリティとお母さんとの関係

セクシャリティや大人の女としての自分をを遠ざけてしまうのは、
いろいろな要因があるのですが、背景には
お母さんとの関係が影響していることが少なくありません。

例えば……

子どものころ、お母さんがヒステリックによく怒っていた。
あんなふうに感情的になるのは嫌。

お母さんが愛情という名で娘の私を抱え込み、それがしんどかった。
母性が気持ち悪くて仕方がない。
etc…

お母さんの中に「ここがいや」「ここが許せない」「あれはだめでしょ」と思っている要素があると、

「私はそれを持つまい」

と思うようになります。

また
お母さんが潔癖タイプで、性的なものを嫌っていた。
娘の私がちょっとでも色気づくと、とても嫌がった。
など

お母さんが性的なものを否定していると、子どもは性的なことに興味を持つことを、よくないことと感じることがあります。
それによって、自分の「女であること」をよくないものだと感じて、自分の中から女が出てこようとすると「気持ち悪い」と感じて抑え込んでしまうことも。

なかなか恋愛が始まらないというお悩みを抱えている人に、よく見受けられることなんですね。

お母さんとの関係。特に悪いわけじゃなかったとしても。
どこか重たかったり、お母さんの生き方は違うと感じていたり、お母さんのああいう部分は嫌だと思っていたり……ということはありませんか。

お母さんのどこかに×印をつけるということは
大人の女に×印をつけることでもあるんです。

母親は、一番身近な大人の女性のモデル

子どもにとって、母親は一番身近な大人の女です。

母に×印をつけていると、
自分の中の大人の女、
女性性にも×印がついてしまうんですね。

頭では、母親と大人の女は別物と思っていたとしても、潜在意識や無意識では別物にはならないんです(残念ながら……)。

お母さんの何かを嫌っている分だけ、
自分の中にある女性的な要素も嫌ってしまう
ということが起こってしまうんです

自分の中の自己嫌悪が、なかなか外れないと思っていたら……
お母さんのことを嫌っているとこがあったからだ。

そんなこともあるんです。

お母さんの全部を否定しているわけじゃないんです。
お母さんの一部分を嫌っている。
それだけなのに、自分の中に「女としての嫌悪」を抱え込んでしまったりするのです。

「だからだったんだ。自分のことをいいものと思えなかったのは……」

そんなことも、あるんです。

そのため、母親につけた×印をはずしていくことは

自分のセクシャリティを受け入れていく
自分らしさを受け入れていく

ひとつのカギになります。

心の中で、お母さんに×印をつけていること、ありませんか?

まずは「それを手放したい」って思ってみる。

考えたくないものかもしれないけれど。
手放したいって思ってみることから、何かが動き始めます。

「これについてカウンセリングで話してみようかな」
例えばそう思えただけでも、大きな一歩なんです。

子どものままでいなくてはという気持ち

お母さんに×印をつけているパターンのほかに、
「子どものままでいなくては」と思っているパターンもあります。

例えば。
子どものとき、とても可愛がられた。
かわいがられるためには、愛されるためには、子どものままでいなきゃ。
こんなふうに、愛を得るためには子どものままでいなくてはという心理が働いていることもあります。

もうひとつ。
お母さんのそばにいるために、家のために
大人の女性にならずに、子どものままでいようとする。
そんな気持ちが潜在意識にあることもあるんです。

お母さんとの間に癒着があると、
親から離れてはいけないという思いから、
大人になることを止めてしまうこともあります。

お母さんが一人で生きていけない感じの人だった。
お母さんのもとを離れるわけにはいかない。
だから子供のままでいなくては…(無意識的に)

お父さんとお母さんの仲が悪い。
二人が別れてしまったら、お父さんもお母さんも生きていけないに違いない。
かすがいである自分は、ずっと両親の間にいなければ(子どものままでいなければ)。

お母さんを一人にさせられない。
お母さんのそばにいてあげなきゃいけない。

そんな思いから、子どものままでいなければと大人の女になることを止めてしまうのです。
大人の女になっちゃいけないと、無意識的に止めてしまうのです。

子どものままでいなくてはと思うと
恋人をつくるわけにはいかないし、ましてや結婚するわけにもいきません。
好きな人ができたら、親元を離れなくてはいけなくなる。
だから、好きな人を作ってはいけない。
無意識的にそんな心理が働いていることもあるんです。

自分に好意を持ってくれる男性から好かれると気持ち悪くなるのは
結婚を無意識的に避けようとする心理も働いているからかもしれません。

彼から気に入ってもらえて、こっちも好きになっちゃったら。
家を出なくてはいけなくなりますもんね。

心やさしい娘だから、無意識的にこんな心理を抱えてしまうこともあるんですね。

親を置いて結婚するわけにはいかない。癒着の心理

子どものころに性的なトラウマがあることも

男性を近寄らせたくないですよねという体験を子どもの頃にされていることも、実は少なくありません。

子どものころに性的ないたずらに遭った。
けれど長い間、誰にも言わずに、一人でずっと抱えてきた。
そんなお話を伺うことは、実は少なくありません。

男性に好かれると気持ち悪く感じるとおっしゃる方から、子どもの頃にいたずらやちかんなどに遭ったというお話をほんとうにたくさん伺いました。

そんな方々とお話をしていると、そのときの子どもの自分が心の中に固まったままでいるのを感じることがあります。
もしそうだとしたら、まずはそのときの子どもの自分を救い出してあげるといいかもしれません。いまの大人になった自分が、逃げ場のなかった子どもの自分を助けにいってあげる。
子どもの自分に会いに行き、その子を救い出し、守ってあげる。そんなセラピーをすることがあります。

その子に寄り添ってあげたり、背中をなでてあげたり、抱きしめてあげたりしながら、あのころに自分一人で抱え込んでしまってずっと言えずにいた気持ちや感情を受けとめてあげるといいんです。

性的に嫌な思いをしたことがある人には、実はとても大きなギフトがあることが多いんです。つらい体験をして、とてもつらい思いをした分だけ、大きなギフトを持っていることが多いんです。
ギフトは人によってそれぞれですが、例えば豊かな感性や感受性、異性を癒す力、女神性などなど大きなギフトを持っていたりするんですね。

子どもの頃の自分を救ってあげて、ずっと我慢してきた感情を解放していくプロセスを経て、そのギフトを使えるようになるとほんとにいいんです。

これまで自分の中の女性性とどこか距離を置いてきたかもしれません。
だけど、距離を置いてきた女性性・セクシャリティのなかに自分だからこそのギフトが眠っています。そのギフトを誰かに向けて使えるようになったとき、きっと自分のことを「いいね」って思えます。

セクシャリティ=自分らしさを解放しよう

好かれると気持ちが悪い。
女として見られるのが気持ち悪い。

これらが教えてくれているのは、
自分の魅力を解放していい時期ですよ
ということかもしれません。

性的に大人の女としての自分を受け入れたり、お母さんとの関係を見つめ直したり。
大人の女としての自分の性を受け入れていくと
それをね、いい形で使えるようにもなっていきます。

いい形で使うって、媚を売るのとは違います。
女性としてお花を咲かせること。
女性として癒しのエネルギーをもつこと。
女性として受容すること。
いろんな形で、女性性を使うことができるようになっていくんですね。

セクシャリティ、性的な魅力ってなんのためにあるかというと。
命を生み出すために、です。

性的な魅力は、男女をくっつける接着剤。
男女がくっつくから、命が生み出されるんですよね。

女性のセクシャリティは、男性に力を与えます。
外の世界でたくさん戦って疲れてきた男性性を、癒す力を持っているんですね。

セクシャリティっていいものなんです。
けがれている、いやらしいといったイメージとは真逆の
命を生み出す源、なんですね。

セクシャリティは、生命エネルギー。
滞りがなくなっていくと、内側からいきいきと自分らしいエネルギーが自然に出せるようになります。

セクシャリティを抑えている=本来の自分らしいエネルギーを抑えていることでもあるんです。
抑え込んでいる状態。
抑え込むことに、実はとてもエネルギーを使っているんです。

内側に抑え込む分だけ、どこか本当の自分を生きていないような。
何かが足りないような。
自分の内側が重たいような、自分をあんまりいいものと思えないような。
そんな感覚も感じているかもしれません。

セクシャリティを受け入れること。
それは、本来の自分らしいエネルギーを使えるようになることなんです。
いきいきと、自分らしく、自分らしさを与えていくことができるようになるってことなんです。

自分らしさを解放できるとね
きっと自分のことを「なかなかいいもんだ」って感じられるようになります。

いま、なんか自分を抑え込むような生きづらさを感じているのだとしたら。
自分らしさを解放していきませんか。

周りが手にしているように見える
幸せなパートナーシップをあなたもきっと手にすることができます。

あなたがあなたらしいお花を咲かせられますように
女性性を、開いていきませんか。

初回無料カウンセリング

初回無料のカウンセリングをどなたでもお試しいただけます。
お気軽にお問い合わせくださいね。
初回無料の電話カウンセリングって何?

結婚したいけど、したくない。潜在意識の原因を探ってみよう結婚したいのに、したくないのは、潜在意識に相反する気持ちがあるからかもしれません。婚活してるのにうまくいかない現象が続いているなら、潜在意識にどんな思いがあるのかを探ってみましょう。...
ふつうの女子に嫉妬しちゃう。女の子を閉じ込めてきた私が女性性の花を咲かせるには もともとはとても女性的なのに。いろいろな理由から「女である私」を封印していることがあります。 ふつうの女子を見るたびに自分とは違...
セクシャリティを抑圧したのは、性の目覚めが早い女の子だったから? セクシャリティを「よくないもの」と思ってしまうことが、あるようです。女としての自信がない。自分は女っぽくない。女らしい人と自分は違うぜ...
セクシャリティを解放すると、魅力的なオーラが出るってほんと? セクシャリティとは何か セクシャリティとは、何か。セクシャリティとは、自分らしいエネルギーそのもの。自分らしい魅力・才能、個性、...
一度も付き合ったことがない奥手さんの恋のヒント 男性とお付き合いしたことがない私 30代なのに、40代なのに。お付き合いしたことがないんです。そんなご相談をいただくことって、実...
ABOUT ME
中村陽子/心理カウンセラー
カウンセリングサービス所属。恋愛、婚活、片思い、復縁、生き方、自己実現などなど……年間600件のご相談を受けています。「このままでいいのかなと、もやもやする……」そんなときは電話カウンセリング(45分間)をお試しくださいね。ツイッターでも幸せをつかむマインドづくりのコツつぶやいてます@nakamurayoko70
カウンセリングを受けるには

カウンセリングを受けるのが初めてという方も、お気軽にお越しください。
うまく話せるかどうかなどは、気にせず、今悩んでいることをお話くださいね。
自分のほしい生き方をつかんでいきませんか?
・婚活・恋愛、パートナーシップ
・自分らしい生き方、やりたいことを生きる
・女性性開花、セクシャリティ
・人生の行き詰まり感
・ミッドライフクライシス
・40歳、50歳からの生き方カウンセリングのご利用方法はこちらです。
→カウンセリングのご案内
→最新のカウンセリングスケジュールはこちら
→面談カウンセリングって何するの?