カウンセリングのご案内

面談カウンセリングにいらっしゃいませんか?

面談カウンセリングをしていて、しみじみ感じることがあります。
それは何かというと……。
答えは、自分自身が持っている ということです。

カウンセリングを受けようと思うとき、なんらかの「ここがうまくいっていない」を持っていますよね。
それは、「なんだかよくわからないもやもやした感じ」かもしれないし、「先週こんなことがあって、すごい落ち込んだ」など具体的な出来事かもしれないし、「恋人がほしいのに、いつも三角関係になりそうな相手ばかりを好きになる」など自分の恋愛パターンかもしれないし。
なんらかの「ここがうまくいっていない」「このままでほんとにいいんだろうか」「なんとかしたいんだけど」「なんでこんなことになっちゃうんだ」といった悩み・問題を感じているときに、カウンセリングを受けようって思いますよね。

カウンセリングでは何をするかというと
「いま何に悩んでいるかを話す(漠然とした悩みを話す)」ということをするんですね。

カウンセラーは、クライアントさんが話していることを聞きながら
話していることの中にある「訴え」を探していくわけです。

カウンセリングで話しているとき、「話があちこち飛んじゃうな」とか「まとまりがないな」「自分でも何が言いたいのかわからなくなってきた」ということ、あると思うんですね。だけど、一見まとまりのないように思える話であっても、話していることの中になんらかのつながり(関連性)があります。
カウンセラーは、クライアントさんが話していることの中にある「訴え」を探して行き、「聞いていてこんなふうに感じたんですけど。どう思います?」などフィードバックしていきます。

カウンセラーからのフィードバックを聞いて、「たしかに、そうかも」と思うときもあれば、「ピンとこないかも」ということもあります。「たしかにそうかも」となったときには、そこから話を掘り下げていったりします。

掘り下げるというのは、「さっき言っていた〇〇という気持ちについて。その気持ちを持ち始めたのって、いつぐらいな気がします?」と、探して行くんですね。
たとえば、「20歳ごろな気がする」とすぐピンと出てくることもあれば、「中学生のころには、そういう思い持ってたと思います? じゃあ、小学生のころはどうだった気がします?」と遡っていきながら、「この気持ちを持ち始めたのは、小3くらいかも。そういえばこんなことがあったかも……」と思い当たることがあったら、そこをさらに掘り下げていきます。

そのとき、何があったんでしょうか?
そのとき、どんなことを思いました?

「何があって、どんなことを思ったのか」を掘り下げていくことで、「あのとき、飲み込んでしまった気持ち」に気づいたりもするんですね。

あのとき、飲み込んでしまった気持ち
あのとき、思い込んでしまった思い
に気づいて、それを口に出したり、ひも解いたりしていくことで。

「あれ? 私。なんでさっきまで、こんなふうに思ってたんだろう」
「あれ? 子どもの頃からずっと〇〇だと思ってきたけど。あれれ? なんでそんなふうに思ってたんだろう」
となったりすることもあります。

そうすると、からまっていた思いがひも解けるので。
「からまっていた思い(過去の未完了の思い込み)」に、引っ張られなくてすむようになります。

たとえば、「女で一つで私を育ててくれたお母さんの寂しさを私が埋めなくてはいけない。(だから、お母さんのそばを離れるわけにはいかない」という過去の思い込みがほどけて、「あ、私。結婚しなさそうな男性ばかりを無意識的に選んできたけど。もう、それやんなくていいんだ。自分の家族を持っていいんだ」と晴れやかに思えるようになったり。

過去の未完了の思い込みがほどけることで、自分のものごとの見方、とらえ方が変わったり、ほしいものを手に入れていいって思えたりして、これまでとは違うやり方で、前に進んでいきやすくなるんですね。

あのとき、飲み込んでしまった気持ち
あのとき、思い込んでしまった思い
を解放していくことで、ものごとの見え方、とらえ方、自分の感覚が変わったり、ほんとうはどうしたいのかが見えてきたりすること。
とっても多いんです。

あのとき、飲み込んでしまった気持ち
あのとき、思い込んでしまった思い
を見つけて解放していくときに、感情の解放も一緒に起こることもあります。
(涙を流すなど)

でも、感情の解放をしなくてはいけないかというと、そんなことはありません。

感情の解放がなくても、飲み込んでしまった気持ちや思い込んでしまった思いを見つけて外に出すだけで、「泣いたりしてないけど、これまでの思い込みがはずれた」となることも、けっこうあるんですね。

感情の解放が得意な方、好きな方は涙を流せるとよりすっきりしますし
感情の解放が苦手な方は、飲み込んでいた気持ちを見つけて外に出すことで、「これまでの思い込みがはずれた」「そっか、そういうことだったんだとわかって。わだかまりがなくなった」となることもけっこうあります。
(いつもお電話をお使いの方も、一度、ZOOM面談カウンセリングをよかったら試してみてくださいね)

私・中村は、前職はインタビューを仕事にしてきました。
話を聞いて、原稿にしていくという作業を20数年間していたので、「質問していく」やり方で、ご本人が持っている「想い」を見つけていくのを得意としています。

よくインタビューさせていただいた方から、めっちゃお褒めの言葉をいただいていました。

何をほめられていたかというと、「自分が一番言いたいこと(伝えたいこと)が原稿になっている」とほめていただいていたんですね。
本人が本当は言いたいこと、伝えたいことを一生懸命探しながら質問をしていくので「インタビューを受けているだけで、たくさんのことに気づいた」とよく言われました。

答えは、本人が持っている。
どうしたいのか、どうすればいいのか。
いま見えなくても、自分の中に答えは持っているんです。

自分では見えていないだけで。
話していく中で、だんだんと見えてくるものなんです。

なので、ご本人が持っている「自分では、まだ言語化されていない気持ち」(本当はしたいことや、こんなふうになりたいビジョンなども含めて)を、ご一緒に見つけていけるといいなと思っています。

あのとき、飲み込んでしまった気持ち
あのとき、思い込んでしまった思い
ほんとうは、こんなふうに生きたいという気持ち
きっと、いろいろお持ちだと思います。

よかったら、一緒に見つけていきませんか?
いつでも、お話聞かせてくださいね。

最近、外付けマイクを導入しました^^/
最新のカウンセリングスケジュールです いつもご利用ありがとうございます。「最新のカウンセリングスケジュール」のご案内です。 癒しをしっかり進めたいときには面談カウ...


初回無料カウンセリング

初回無料のカウンセリングをどなたでもお試しいただけます。
お気軽にお問い合わせくださいね。
初回無料の電話カウンセリングって何?

ABOUT ME
中村陽子/心理カウンセラー
カウンセリングサービス所属。恋愛、婚活、片思い、復縁、生き方、自己実現などなど……年間600件のご相談を受けています。「このままでいいのかなと、もやもやする……」そんなときは電話カウンセリング(45分間)をお試しくださいね。ツイッターでも幸せをつかむマインドづくりのコツつぶやいてます@nakamurayoko70
カウンセリングを受けるには

カウンセリングを受けるのが初めてという方も、お気軽にお越しください。
うまく話せるかどうかなどは、気にせず、今悩んでいることをお話くださいね。
自分のほしい生き方をつかんでいきませんか?
・婚活・恋愛、パートナーシップ
・自分らしい生き方、やりたいことを生きる
・女性性開花、セクシャリティ
・人生の行き詰まり感
・ミッドライフクライシス
・40歳、50歳からの生き方カウンセリングのご利用方法はこちらです。

→カウンセリングのご案内
→最新のカウンセリングスケジュールはこちら
→面談カウンセリングって何するの?