婚活、結婚したい

実家暮らしの女性がなかなか結婚できない本当の理由

実家暮らしの独身女性がなかなか結婚できない本当の理由

実家暮らしで独身のまま30代、40代になり、肩身の狭い思いをしている。
そんな話をよく伺います。

実家暮らしというだけで
「自立しないで親にパラサイトしている」
「家事を全部、親にやってもらって自分は好きに生きている」
「自分のためだけにお金を使えてうらやましいよね」
「ずっと親に頼って生きてきて、わがままなんでしょ」
と勝手なイメージがつきまといます。

実家暮らしの独身女性の中には、これらの勝手なイメージを自分に当てはめて
「自分は実家暮らしだから。ちゃんと自立できていなくて、肩身が狭い」と感じていることがあるようですが。

ここで、キッパリ言います。
そんな、世間の勝手なイメージに自分を当てはめる必要ありません!

実家暮らしの独身女性って、そんなに気ままに生きているんでしょうか?
いいえ。
ぜんぜんそんなことありませんよね。

自分の稼ぎから、家賃や光熱費を払っているか払っていないかだけの差ですよね。
それだけなのに、親に甘えて自分は好き放題してるんでしょとか、言われる必要ありませんよね!

実家暮らしの独資女性が気ままに生きているというのは、あくまでも内情を知らないイメージにすぎなくて、
実際には、自由とは逆の生き方になっていることも少なくありません。

実家暮らしで独身=気ままというわけではないんですよ!
と声を大にしてお伝えしたいです、はい。

なぜ、気ままではないのかというと……。
実家暮らしをし続けているのには、理由があるからなんです。

そこには大きく分けて2つのタイプがあります。

まず1つ目は
親を置いて実家を出るわけにはいかないという理由です。

親を置いて、自分だけ実家を出るわけにはいかない

子どものころ、両親のケンカする姿をよく目にしていた。
うちの両親は仲が悪いと思いながら育った。
母親から父親の悪口をよく聞かされていた。
父親がワンマンで、母親がぜんぜん幸せそうじゃなかった。

そんな中で育つと
「私が実家を離れたら、お母さんをひとりにしてしまうんじゃないか」
「ただでさえ両親が不仲なのに、私が実家を出たらこの家族はどうなっちゃうんだろう」
「私が実家を出て行ったら、お母さんには何もなくなってしまう。ただでさえ幸せそうじゃないのに。私までいなくなってしまったら、お母さんには何もなくなってしまう」
などの思いを持つことが少なくないんです。

わかるわかる、と深く頷いていませんか。

実家暮らしの方の恨み言として
両親の仲が悪かった、という話になることってとても多いんです。

うちの両親は子どものころから仲が悪くて。お父さんがもっとお母さんのことをかまってあげていれば、私だって違う生き方ができたのに。
お母さんがもっとお父さんのことをわかってあげたりしていれば、私だって違う生き方ができたのに。

いまこれを読んで、ん?と思われました?
そうなんです。
両親の仲が悪かったことと、私が今も結婚せずにこんな生き方をしていることがくっついているんです。

ん? どういう意味?

つまりは
両親の仲さえよければ、私はもっと早くに家を出て、自分の自由に生きることだってできたのに。
と言っているわけです。

ということは。
両親の仲が悪いから、私はいまもこの家にいなきゃいけない。
両親の仲が悪いから、親を放っておくことができなくて、私は今も実家に「子ども」としていなくてはいけない。

ってことなんです。

自由気まま、の逆ですよね。
本当は自分だってほかの人たちみたいに、自由に自分の人生を生きてみたいのに。
だけど、自分はそれをするわけにはいかないと言ってるわけなんですね。

親を残して実家を出るのが心配で

架空のA子さんのケースです。
A子さんは子どものころ、両親がケンカしているシーンをときどき目にしていました。
気の強いお母さんが感情的に怒り、お父さんはシブシブそれに従う。
そんなお父さんとお母さんでした。

お母さんからお父さんの愚痴も、よく聞かされていました。
どうしてお父さんみたいな人と、結婚しちゃったんだろう。

A子さんは、「うちの両親は仲がよくない」と思うようになりました。
そして心の奥で「お母さんとお父さんが、別れちゃったらどうしよう」という気持ちを抱えるようになったのです。

お母さんはお父さんのことが好きじゃないみたい。 お母さんがお父さんと別れたいって言いだしたら、どうしよう。
お父さんが捨てられちゃう。そうしたらお父さんが一人になっちゃう……。
仲のよくないお父さんとお母さんが心配。
自分だけ、実家を離れて幸せになるわけにはいかない……。

***

ほかにも
シングルマザーのお母さんが、女手ひとつで子どもたちを育ててくれた。
お父さんが病気で亡くなったあと、お母さんが一人で家を支えてくれた。

お母さんのしてきた苦労を思うと、実家を離れて自分だけが幸せになるわけにはいかないという気持ちを抱くことも少なくありません。

頭では「結婚したいし、家を出たい」と思っているんです。
だけど潜在意識に、実家を出るわけにはいかないという思いがあるんですね。

実家を離れなくてすむような恋愛

自分だけ、実家を離れるわけにはいかない。
潜在意識にそんな気持ちがあると、こんな恋愛をしてしまうことがあります。

・結婚したいと思いながらも結婚できなさそうな相手を選んでしまう
・遠距離の彼、不倫の彼、ほかに彼女のいる彼など、結婚に至らない相手を好きになる
・結婚しそうな気配がすると「彼は私のこと好きじゃないのかも」と別れてしまう
・なかなか心を開いてくれない、心の距離を縮めにくい相手を選んでしまう
・自分を振り向いてくれない相手に片思いを続けてしまう
・いい夫になりそうな男性には興味が持てない

こんなふうに結婚に結びつかないような相手との恋愛をしては、別れるというパターンを繰り返していることが多いんです。

もしかして「心当たりがあるかも」と思ってたりします?

ああ、こんな恋愛パターンを繰り返してる自分ってなんてだめなんだろう
って思ったりしてません?

ぜんぜん、そんなふうに思う必要ないんです。
だって、実家を離れちゃいけないという思いの奥には、 お父さんとお母さんを置いていけないというやさしい想いがありますよね。
めっちゃやさしい娘なんだ、私って気づいてますか?

実家暮らしの自立できていない私
恋愛も婚活もなぜかうまくいかないだめな私
では、ぜんぜんありません!

とてもとても心やさしい人なんです。

実家を離れるわけにはいかないという気持ちがあると
本当だったら自分だって結婚したり、一人暮らししたり、親の心配とかせずに自由に生きたいのにという気持ちも持っている分だけ、親へのうらみも心の中に抱いているものです。
自由になりたいのになれないのは、親のせいだ~って。

その恨みのほうばかり自分では見ているから、「親をうざく思う自分は、ほんとひどい人間」って自分のことを思ってるかもしれませんが、逆なんです、逆。

親のことを思うあまりに、自分の自由に生きることを横に置いて、親のそばにいるほど、親想いのやさしい娘なんです。

自分の人生を生きていい

実家を離れてはいけないと思う一方で、だけどこのままずっと実家にいるのかと思うと絶望的な気持ちにもなる……。

これが実家暮らしの人たちの抱える気持ちです。

実家を離れるわけにはいかない。
だけど自分の人生だって、ほんとうは生きたい。

この2つの相反する気持ちを抱えながら、身動きがとれずにいませんか?
実家を離れるわけにはいかないという気持ちが強ければ強いほど
ずっと結婚もせず、家庭も持たずひとりぼっちなのかという絶望を感じていませんか。

でもね。
絶望しているということは、絶望するくらいほんとうはほしいものがあるということ。

もし、あなたが絶望しているとしたら。
どんなことに絶望していますか?
自分にはどんなことを叶えられないって絶望していますか?

それらを、叶えていいんです。
だって、自分の人生だから。

これまでずっと親のことを思って生きてきたやさしいあなただけど
自分の人生を生きても、いいんです。
自分のために、生きてもいいんです。

自分を幸せにする生き方が周りも幸せにする

もし、親のことを思ってこれから先も実家にいたとします。
10年後、20年後、満足する生き方になっているでしょうか。

もし、答えがノーなのだとしたら。
自分が生きたいように、生きると決めてもいいのかもしれません。

自分の生き方を犠牲にして、親のそばにいたとして
その結果、自分を幸せにできないのだとしたら
親をほんとに恨まないといけないことになってしまうかもしれません。
だけど、そんなことしたくないですよね。

実家を離れないという生き方、続けなくてもいいのかもしれません。

「お父さんとお母さんを置いていけない」と感じている小さな女の子の自分がいるとします。 その子がほんとうに見たいものって何でしょうか。

お父さんとお母さんの幸せそうな顔ですよね。
その子が「自分だけが幸せになるわけにはいかないから」と実家にいることで、お父さんとお母さんは幸せな顔になるかというと……。

幸せな顔にならないんです。
お父さんもお母さんも、自分も、幸せな顔にならないんです。
「自分だけが幸せになるわけにはいかない」というやり方では、家族の中に幸せを呼び込むことができないんですね。

じゃあどうしたら、家族の中に幸せを呼び込むことができるのでしょうか?
それは……子どもの自分が幸せになることなんですね。

いやいや、うちの親は私を出て行かせないと思う。
私が出て行くと言ったら、猛反対してくると思う。
そんな気持ちも出てくるかもしれません。

母と娘がくっついているとね、離れるときに痛みが出てくるんです。
離れていくのがさびしいから、「どうして出て行くの、出てく必要ないじゃない」ってお母さんは言ってしまうかもしれません。

それらは離れるときに出る痛み。
離れるために必要な痛みなんですね。

だけど、お母さんはあなたの幸せを願っていないのでしょうか。
そんなこと、ありませんよね。
手放したくない思いはありながらも、同時にあなたには幸せになってほしいって思っていますよね。

それに。
自分が幸せになることで、親に幸せを運んでくることってできるんです。
いったん親元から離れることにはなるけれど、自分が幸せになることで、実家にも幸せを届けることができるようになるんです。

そこで。 子どもの自分が幸せになることで、家族の中に幸せを呼び込むことができることを感覚的に捉えていただくために、下記の質問を用意しました。 よかったら、試してみてくださいね。

***
まず、質問です。

 

Q1.あなたの実家を色のイメージで例えると、何色ですか?
直感で、色のイメージを答えてみてください。

次に、こんなイメージをしてみてください。
今日はあなたの結婚式です。
「彼女を幸せにします。結婚させてください」と実家に来て、言ってくれた彼。 その彼との結婚式です。
お父さんとお母さんは、どんな顔で、あなたのウエディングドレス姿を見てくれていますか?
あなたはこの日のために、心を込めて両親への手紙を書きました。
その手紙には、あなたはどんなことを書いたでしょうか。
披露宴で、感謝の手紙を読みます。
そのとき、お父さんとお母さんはどんな気持ちでしょうか。
この日を迎えることができたお父さんとお母さんは、どんな気持ちでしょうか。

 

Q2.このときのお父さんとお母さんは、色のイメージで例えると、何色ですか?

 

Q1とQ2で、答えた色は、変わりましたか? どんなふうに、変わりましたか?

***

Q1よりもQ2のほうが、幸せな色になっているとしたら……。

あなたが幸せになることで、家族の中に幸せを呼び込むことができると言えそうな気がしませんか?

あなたは幸せになっていいんです。
自分のために自分の人生を生きて、幸せになっていいんです。

親との癒着は、少し時間をかけながら手放していくことが多いんですね。
頭では理解ができたけど、とはいえなかなか自分一人では自分を幸せにする許可を出せないかもしれない。
そんなときはカウンセリングも活用してみてくださいね。

イメージワークなどを通じて、感覚にアプローチしていくこともできます。
心の奥にある想いには、ちょっとした誤解が混ざっていることが多いんです。
その誤解を解きながら、幸せを呼び込めるマインドにしていきませんか。

幸せになって、いいんですよね。
あなたのためにも、ご両親のためにも。

自分の人生を生きて幸せになれますように。

初回無料カウンセリング

初回無料のカウンセリングをどなたでもお試しいただけます。
お気軽にお問い合わせくださいね。
初回無料の電話カウンセリングって何?

結婚できないのは、お母さんを一人にできないから… 結婚できないのはお母さんをひとりにできないから 周りは結婚していくのに、自分だけ結婚できない……。そんなお悩みを伺うことがよくあ...
実家暮らしの私が、なぜか実家を出られないって変ですか?自分を生きられていない感じがする、実家にいるのが息苦しい。なのに、実家を出たい気持ちがあるのに出られない……。その原因は何? 実家を出たほうがいいの? 実家を出たらラクになれる? 自分らしく生きたい気持ちを大切にしたいあなたへ。...
幸せになる許可は、何度でも出してみよう 自分の目の前の問題に取り組み始めると、 次々にいろいろな気づきを得ていくことが、とてもよくあります。 「もうこの夫とは、別れた...

ABOUT ME
中村陽子/心理カウンセラー
カウンセリングサービス所属。恋愛、婚活、片思い、復縁、生き方、自己実現などなど……年間600件のご相談を受けています。「このままでいいのかなと、もやもやする……」そんなときは電話カウンセリング(45分間)をお試しくださいね。ツイッターでも幸せをつかむマインドづくりのコツつぶやいてます@nakamurayoko70
カウンセリングを受けるには

カウンセリングを受けるのが初めてという方も、お気軽にお越しください。
うまく話せるかどうかなどは、気にせず、今悩んでいることをお話くださいね。
自分のほしい生き方をつかんでいきませんか?
・婚活・恋愛、パートナーシップ
・自分らしい生き方、やりたいことを生きる
・女性性開花、セクシャリティ
・人生の行き詰まり感
・ミッドライフクライシス
・40歳、50歳からの生き方カウンセリングのご利用方法はこちらです。
→カウンセリングのご案内
→最新のカウンセリングスケジュールはこちら
→面談カウンセリングって何するの?