恋愛心理学

ふつうの女子に嫉妬しちゃう。女の子を閉じ込めてきた私が女性性の花を咲かせる、あげまんへの道

もともとはとても女性的なのに。
いろいろな理由から「女である私」を封印していることがあります。

ふつうの女子を見るたびに
自分とは違うって思ってきた

「ふつうの女の子」や「ふつうの女性」を見ると、どこか嫉妬してしまう。
なんの苦労もなく、彼氏ができたり、結婚したり子どもを産んだりして。
男の人に愛され守られて生きているような女性を見ると。
あなたと私は違うよのって、思ってしまう。
あなたは何の苦労もなく生きてきたんでしょ、って言いたくなってしまう。

ふつうの女子やふつうの女性を見ると。
自分とは違う世界で生きている人のような気がする。
自分は、あんなふうには生きられない。
彼女たちが、女子であることを、女性であることを当たり前のように生きているように見える分だけ、
自分はふつうの女子とは違う生き方を、頑ななまでにしてしまう。

それを「肩ひじ張った」と言われちゃうこともあるし。
「○○さんって、キツイ」って言われちゃうこともあるし。
「なんであそこまでやらなきゃいけないんだろう」って思われちゃうこともあるし。
「隙がない」「かわいげがない」って言われちゃうこともある。

自分でも、かわいげがないな、キツイな、やさしくないな……と思う。
そして、こんなかわいげのないキツくてやさしくない私のことを、女性としていいと思われるわけないって、内心思う。

だから。
ますます頑なに、肩ひじ張っちゃう。
かわいげがないと自分でも思う分だけ、肩ひじ張っちゃう。
ほかに、やり方がわからない。
ほかのやり方を知らない。

だけど。
心の奥で、女の子の私がいることも知っている。
ほんとは、私だって女の子として、女性として生きたいという声が聞こえる。

もし、こんな気持ちがあるのなら。
あなたの中の「女の子の私」を表に出してあげるといいかもしれません。

女の子として生きるわけにはいかない私

仕事は頑張ってる、かなり頑張ってる。
だけど、女性としての生き方ができていない、女性としての幸せが手に入れられないと感じるなら。

いろいろな理由があって、女の子の私、女性としての私をどこかに閉じ込めてきてしまったのかもしれません。

子どもの頃、女の子として生きてはいけないように思ったこと、ありませんでしたか?

女の子として愛されたり、甘えたり、かわいがられたり。
してこなかったのでは、ありませんか?

なぜかわからないけれど。
女の子でいることよりも
しっかりしなきゃ、ちゃんとしなきゃ、自分でできるようにならなきゃって思ってきませんでしたか?

自分ががんばって
立派にならなきゃ、何者かにならなきゃ、ひとりで生きていけるようにならなきゃって思ってきませんでしたか?

例えば……女の子をするって、こういうことです。
女の子としてかわいがられる私。
かわいいワンピを着て、かわいい髪型にしてもらってうれしいなって思ってる私。
おちゃめさを発揮している私。
無邪気に天真爛漫に好きな歌を歌ってる私。踊ってる私。
かわいい衣装を着てうれしい私。
女の子として、みんなの注目を集めてる私。
お父さんやお母さんに甘えている私。
思春期になって大人になってきて、ちょっぴり色気づいてきた私。
自分に似合う服を着て、自分に似合う髪型をあれこれ研究して、鏡を覗き込んで「ちょっといいかも」っていう気分になる私……。

たとえばこんな女の子っぽいこと、やってきましたか?
そういうの女の子を横目で見ながら、過ごしてきましたか?

ほんとは女の子として、無邪気に笑っていたかったけど(私だって)。
ほんとは女子として、きれいに花開きたかったけど(私だって)。

女の子として、女子として生きることよりも
しっかりすること、何者かになること、誰かの迷惑にならないこと、早くひとりで生きていけるようになることを頑張ってきませんでしたか?

だから。
女の子としてかわいがられたり
女の子としてなんの不安もなさそうに暮らしていたり
女子として楽しそうだったり
女性としての幸せを手にしていそうだったりする人たちを見ると
「ああいう人たちと私は違う」って思っちゃうんです。

あまりにくやしくて
「私にはああいう生き方、関係ない」とも思っちゃうんです。

女の子であること、女子であることをやってこなかった分だけ
「ああいう生き方」に腹も立つし、冷たい視線を送りたくなるし、嫉妬もするし、遠ざけちゃうし、自分とは違うって思っちゃったりするんです。

女の子の自分を閉じ込めてきた理由

いつから、女の子の自分を閉じ込めちゃったんでしょうか。
それにはきっと、いろんな理由があるんです。
女の子をしてる場合じゃないとか、女の子であることを望まれていないって思った、いろんな理由があるんです。

病気のお兄ちゃんがいた。お兄ちゃんはちょっと変わっていたから、子どものころ近所の子たちに意地悪をされていた。だから思った。私が強くならなきゃ。お兄ちゃんを守ってあげられるくらいに、強くならなきゃ。かわいい女の子の自分では、お兄ちゃんを守れない。だから女の子の私は封印した。

ちょっと頼りないお父さんに、お母さんが文句ばっかり言っていた。だから私が、お父さんの代わりにお母さんを満足させられるようにならなきゃって思った。お父さんに足りないところを私が肩代わりして、お母さんを満足させられるようにならなきゃ。女の子ではなく長男にならなきゃって。そして、女の子の私は封印した。

あるとき家の中が大変なことになった。お父さんの会社の事業がうまくいかず借金をかかえた。それまで女の子としてとてもかわいがられて、姫のように育ててもらっていたけれど。そんなことしていられる状態ではなくなった。家が大変な中、女の子の私のままでは役に立たない。強くならなきゃ。だから、女の子の私は封印した。

男の子が生まれればよかったんだけど。うちには生まれなかった。ほんとは男の子が生まれたほうがよかったんだ。家を継がなきゃいけないから。女の子としての自分は望まれていないのかもしれない。だから、女の子の私は封印した。

私が女の子らしく無邪気にしてると、お母さんが怒った。私が女の子っぽくしているとお母さんがやきもちを焼いた。かわいい女の子の私は出しちゃだめなんだ。しっかりした私なら愛されるけど、かわいい私は愛されない。だから、女の子の私は封印した。

思春期にカラダの発育が早かった。周りの子たちより早かった。胸がふくらみ、太ももが太くなっていきどんどん女性らしくなるカラダが恥ずかしくって、隠さなきゃって思った。そして、女の子の魅力を封印した。

ときどきチカンに遭った。どうしてこんな目に遭うんだろう。これ以上、女らしくなってはいけない。そして、女子の魅力を封印した。

封印しなきゃいけなかった理由が、あるんですよね。
だけど。その封印をそろそろ解いてもいいのかもしれません。

自分の中の女の子を見つけてあげる

女としての幸せが手に入らない。
どうして自分だけ、手に入れられないんだろう。
周りはどんどん女性としての生き方を手にしているのに。
なんで私だけ、手に入れられないんだろう。

もし、そんなふうに思っているなら。
子どもの頃に閉じ込めてしまった女の子を見つけてあげるといいのかもしれません。

子どもの頃に「女の子をやるわけにはいけない」って思ってしまった何かがあるのなら。
自分の中の女の子に「出てきていいよ」って言ってあげるといいのかもしれません。

家族を助けるために、笑顔にするために、喜んでもらうために、期待に応えるために強い私、迷惑をかけない私、我慢強い私、わがままを言わない私、なんでもひとりでやる私、長男な私になったけど。

自分の女の子としての魅力が、よくないもののような気がしてしまって、クールな私、さっぱりした私、サバサバした私、ボーイッシュな私になったけど。

だけど。
女の子の私にもう一度、出てきていいよって言ってあげるといいんです。

女の子ができなかった、女の子の私。
その私に命を吸い込ませ、いきいきとした私として蘇らせてあげるといいんです。

あるとき閉じ込めちゃったままになっている女の子の私。
その私を救い出してあげるんです。
だってその子は、幸せになっていいのだから。
幸せになるために生まれてきたのだから。

子どもの頃、私たちは何かよくないことがあると「自分のせいだ」「自分が悪いからだ」って思ってしまうようなんです。
子どもって、そういう発想をするんです。

家族を助けたいと思った。
家族を笑顔にしたいと思った。
そして、家族のために何かをしなきゃって思うようになります。

何かしなきゃって思った分だけ、もともとの自分らしさから離れた違う自分を引き受けます。
家族の状況をなんとかするために、自分はこれをやるんだって思うんです。

お母さんの満たされなさを、私が満たすんだ。
お母さんを困らせないように、自分ひとりでできるようになるんだ。
家族を助けるために、お金をいっぱい稼げる自分になるんだ。
そうやって「これをやらなきゃ」って思うようになるんです。

だけど、この試みはうまくいかなくて。
笑顔にしたいけど、できなかった。
なんとかしたいのに、できなかった。
期待に応えたいのに、できなかった。
そのことで、罪悪感や無価値観を持つんです。

そして、できなかった自分を責めながら、さらに別の自分になろうとします。そうやってどんどん、もともとの自分から離れていきます。

そしてしっかりした私、ちゃんとした私、我慢がいっぱいの私、長男のような私……になっていく。
そしてどこか「本来の自分じゃない感覚」を抱えながら、生きていく。

だけど本来は、ただその子がその子らしくいればよかったようなんです。
その子らしくいきいきいられたら、それでよかったようなんです。

女の子の私。幸せになっていい

だけど、いまさらそんなこと言われたって。
そんな気持ちに、なります。

だって。
ずっとこの自分でやってきたんだから。
いまさらそんなこと言われたって。これまでの自分って、なんだったんだ。
そんな気持ちに、なります。

女の子の私を取り戻す手前には、くやしい気持ち、残念な気持ち、なんでだよーって気持ち、うらんじゃう気持ち、悲しい気持ちがいっぱい出てくるかもしれません。
そういう気持ちになるのが当たり前。
だって、それだけ頑張ってきたってことだから。
いっぱい我慢しながらやってきたということだから。

すぐには受け入れられないかもしれない。
くやしい気持ちがいっぱい出てきて、受け入れられないかもしれない。
それだけ頑張ってきたってことだから。

頑張ってきた私と、女の子としての私。両方の私が自分の中にいていいんです。
頑張ってきた私も、私だから。
たくさんたくさんねぎらって、これまでの頑張りを承認してあげてほしいんです。その子のがんばりをいっぱいねぎらってあげてほしいんです。

そして同時に。
女の子としての私に幸せになっていいよって言ってあげるといいんです。
女の子の私、幸せになっていいよって。

男性性を使って、こう思ってもいいかもしれません。
女の子の私を幸せにする。
女の子の私が成長した、大人の女の私。その大人の女の私を開いていこうって。

自分らしく花開く、自分らしく咲く
それが周りも幸せにする

家族のために女の子の私を封印して、しっかりした私、自分で頑張る私をやってきた人たちとお話してて、感じることがあるんです。

もしかしたら、ただそこにいること、「幸せに楽しく自分らしくそこにいる」「自分らしくいきいきそこにいる」というやり方をこれまで使ってこなかったけど、そのやり方もアリなんだよねって。

頑張って背負い込んだり、一緒になって大変さの中にいたりしながら助けようとするそのやり方とは違う方法として。
自分らしくいきいきそこにいる、というやり方もアリなんですよねって。

それは、閉じ込めてしまった私に命を吹き込み、花開いていいよ~っていうやり方。

どちらかの自分しか生きられないというわけではなくて。
これまでの自分のやり方が違ってたってわけでもなくて。
どっちの自分も花開いていけるといいねって、思うんです。

自分を幸せにすること。
するとその波動は周りにも広がって、周りにいいものを与えます。
自分を幸せにして、自分らしくいきいきしていること。
その影響力が周りにも自然に伝播して、周りも幸せな気分になります。

そんなやり方も、自分の中に加えていけるといいんですよね。

「頑張ってきた私」の女性性。あげまんのパワー

それは自分を幸せにしながら、周りも幸せにするというやり方。
その鍵をにぎっているのが、自分の中の女の子の私。

自分の中の女の子の私に、幸せになっていいよって許可を出す。
自分の中の女の子の私に、花開いていいよって許可を出す。
女の子の私を取り戻すことができたなら、あとはだんだん大人の私になっていき、女性として花開いていきます。

花、開いていいんです。
いつからだって、花開けます。

いまの自分に、女性として花開いた自分が加わったら。
どうなると思います?

花を開くと、そこに男性が引きつけられてくるんです。
花を開いた自分に、男性が引きつけられてくるんです。
彼女のために何かしたいって思いながら。

花開いた女性でいること。
それが、男性の力を引き出すんです。
彼女のために頑張る俺。
あのすてきな女性のために、頑張る俺。

それが男性の力になるんです。

いま男性性をたくさん持っている自分が、さらに加えて女性性の花も開いたら。
すごいパワーを発揮するんです。

あの彼女に認められてうれしい。
あの彼女に認められて自信になる。
あの彼女を幸せにできる自分って、男だなって思える。

あの彼女が俺のことを信じてくれる。
あの彼女が言うんだから、大丈夫。なんとかなる。
いまこの状況はきっと切り抜けられる。あの彼女が大丈夫って言うんだから。

そんなパワーを発揮することもできるんです。
これは、女の子を封印して頑張って生きてきた女性だからこそ備わったパワーでもあるんです。

私なんて、かわいらしくない。
私なんて、守ってあげたいタイプじゃない。
そんなふうに悩んできた人だからこそ、発揮できるパワーがあるんです。
かわいらしい女性、守ってあげたくなる女性とは別の魅力があるんです。
魅力って、それぞれ違うから。

もし、女の子を封印して頑張って生きてきた女性が、自分が女性であることも使えるようになったら。女性である幸せを受け取れるようになったら。
その分だけ、男性たちに自信を与え、パワーを引き出すことができるんです。
たぶん、すごい威力で。笑
その名も、あげまん。

女の子として生きてこなかった女性には、あげまんになる資質がいっぱい備わっています。
いますぐ、ピンとは来ないかもしれません。
はい? なんですか???って思うかもしれません。

だけど。
これまで閉じてきた花を開いていくことで
いつからだって、あげまんになれるんです。
あなたは、それだけの力を備えています。ここ大事です。


これまでがんばってきた自分のがんばりをねぎらってあげませんか?
そして、あなたの中の女の子を一緒に見つけていきませんか?
あなたの中の女の子が「私、幸せになっていいんだ」「私が幸せになればいいんだ」って思えますように。

初回無料カウンセリング

初回無料のカウンセリングをどなたでもお試しいただけます。
お気軽にお問い合わせくださいね。
初回無料の電話カウンセリングって何?

女として生きてこれなかった私。 いろいろな理由があるんですが。「女として生きてこれなかった私」を自分の内側に秘めていることがあります。 ほんとに、いろんな理由が...
ABOUT ME
中村陽子/心理カウンセラー
中村陽子/心理カウンセラー
カウンセリングサービス所属。恋愛、婚活、片思い、復縁、生き方、自己実現などなど……年間600件のご相談を受けています。「このままでいいのかなと、もやもやする……」そんなときは電話カウンセリング(45分間/初回無料)もお気軽に使ってみてくださいね。ツイッターでも幸せをつかむマインドづくりのコツつぶやいてます@nakamurayoko70
カウンセリングを受けるには

カウンセリングを受けるのが初めてという方も、お気軽にお越しください。
うまく話せるかどうかなどは、気にせず、今悩んでいることをお話くださいね。
自分がほんとうにほしい生き方をつかんでいきませんか?

《例えばこんなお悩み》
・婚活・恋愛、パートナーシップ
・自分らしい生き方、やりたいことを生きる
・女性性開花、セクシャリティ
・人生の行き詰まり感
・ミッドライフクライシス
・40歳、50歳からの生き方

心理カウンセラー中村陽子のカウンセリングのご利用方法はこちらです。

カウンセリングを受けるには
最新のスケジュールはこちら