恋愛心理学

好きな人に好かれない理由。自分らしくいきいきしてますか?

好きな人には好かれないのに、そうでもない人には好かれる。
もしそう感じることが多いなら、「好きな人に好かれない」パターンにハマっているかもしれません。

好きな人に振り向いてもらえないとき
・自分に魅力がないからだ
・かわいくないからだ
・女らしさが足りないからだ……
などなど、思ってしまうものだけど。
でも、そうじゃないんです。

好きな人に好かれないのは「自分に魅力がないから」など「自分に足りないところがあるから」ではなかったんですね。
じゃあ、いったい何が原因なの?

その原因は「自分に魅力がない」と思い込んでいることにあるようです。
自分らしさ、自分のよさ、自分らしい魅力に気づいておらず、「自分ではないもの」になろうとしてしまう。
その結果、自分らしい魅力を表現できずに、好きな人に振り向いてもらえないことが少なくないみたいなんです。

じゃあ、どうすればいいのか。この記事ではヒントをお伝えします。

好きな人に好かれない恋愛の中で「距離を縮められない相手を好きになる」というケースもあります。そもそも近づきたくても近づきにくい相手を好きになっているんですね。
「男性から私は愛されない」という感覚があることが多いようです。
そのケースに関しては、こちらの記事をお読みくださいね。
距離の縮まらない彼、向き合ってくれない彼とお父さんとの関係

好きな人の前で、どんな態度になっている?

気になる彼、好きな人には好かれない。
だけど男として意識してない人、好きじゃない人からは好かれる。

職場やサークルでの出会いでも、婚活の場でも起こります。
「気になる男性には振り向いてもらえない」悩みは、ほんとうによく聞きます。だけどこれには、ある理由があったのです。

好きな人の前での態度を振り返ってみよう

好きな人の前と、そうでもない人の前で、あなたの態度は同じですか? 違っていますか?
好きな人の前で、あなたはどんな態度になっていますか?

例えば、次のようなシーンを思い浮かべてみてください。

A.好きな人の前で
婚活デートで会った瞬間、「あ、すてきな人だな」と思ったとします。

すると「こういう女性が好かれるはず」と思う女性を演じてしまったり。していませんか?

瞬間的にかわいらしい女性、ひかえめな女性、にこやかな女性……男性が好きそうな女性になろうとして「つくった自分」になっていませんか?

B.恋愛対象ではない男性の前で
恋愛対象ではない男性の前では、どんな自分を見せているでしょう?

「私、実はオタクっぽいんです~」と自分のことを隠さず話したり「もう一杯、飲んじゃおう~」と楽しい時間を過ごしてハハハッと大笑いしたり、「私、けっこう暗いんですよね」と打ち明けたり。
飾らない自分を、見せていませんか?

好きな人の前で自分らしさを隠してしまう

フェミニンで、男性ウケしそうな女性でいるパターンA。
好かれるかどうかは気にせず、自分らしくいるパターンB。

どちらが魅力的かというと……Bなんです。

パターンAでは、あなたの魅力がすっぽりと隠れてしまっているからです。
好きな人の前で、作ったキャラになってしまうんですね。

好きになった分、相手から嫌われたくないと思うものです。
「自分のこんなところを知られちゃったら、どう思われちゃうだろう」
そんな思いから、自分らしさを隠してしまうんです。
そして、知らず知らずのうちに自分らしくいられなくなっちゃうんですね。

好きじゃない彼と、別れを繰り返すことも

タイプじゃない男性から好きと言われて付き合ってみるものの、結局は別れてしまう…。
そんなことを繰り返していることもあります。

付き合っても、別れを繰り返してしまう

例えば……A子さんの場合。
A子さんには気になる彼がいました。ときどき飲みに行くし、けっこう仲もいい。だけど、その彼とは付き合う段階にまでは至りません。

そしてA子さんのことを好きになってくれた男性と付き合うのですが、結局はもの足りなく感じて、別れてしまいます。

婚活でも、結局は同じ。
A子さんが好きになる男性とは1回のデートで終わってしまい、興味のない男性からはお誘いがきます。

「自分が好きになる相手とは、付き合えない」ということが繰り返されているのです。

実はA子さんのように、好きではない彼と付き合うものの結局は別れてしまう……という恋愛をいつも繰り返していること、とても多いんです。
せっかく2年も3年も付き合ったのに、こっちから別れてしまった……。
そんなことを繰り返してしまうことも。

ではなぜ、タイプじゃない男性からは好かれて、好きな男性とはうまくいかないのかというと……。

自分の魅力にOKを出していないから、なんですね。
「魅力がない」のとは違います。
自分の魅力に、自分がOKを出していないということなんです。

自信がない分だけ、タイプじゃない相手をひきつける

タイプじゃない男性だとしても、好意を持たれているなら、その男性からは魅力的に思われているということなんです。

だけど、自分に自信がない。
そして「自分にはないもの」ばかりに目を向けてしまいます。
私はかわいらしいタイプじゃない。だからきっと男性から好かれない。
私は女らしいタイプじゃない。だからきっと魅力的に思ってもらえない。
etc…

自信のなさが、タイプじゃない相手を引き寄せてしまっているんですね。

例えば
「私は女らしくない」と思ってるとしますね。
私のオンナ度は50点と思っているとします。
すると、その50点のオンナ度をちょうどいいと感じる男性がひきつけられてくる。

50点のオンナ度じゃないと、近づけない男性だとしたら、どこか中性的なところもあるかもしれません。

だけど、本質的なオンナ度が高いとしたら……。
50点のオンナ度にひきつけられた男性だと……もの足りなく感じてしまうんですね。

ポイントは、
自分に自信がない=自分の魅力に気づいていない
ということなんです。

この自信のなさは、「自分らしさにOKを出せていない」ということから来ていることが多いんです。

本来の自分らしさ=自分の魅力にOKを出せていないことが、実はすごく多いんです。

そして、自分のいいところにわざわざ×をつけていたり……。

もし自分を否定することなく、自分らしくいきいきしていたら、自信なさげな男性は近づいてこられなくなるんですね。
「彼女は僕には無理、手が届かない」って感じになるんです。

だとしたら、タイプではない男性に好意を持たれているということは、
「もっともっと自分らしくいきいき、魅力的になることもできますよ」とサインでもあるんです。

「好きになる男性」が内面の自分を教えてくれる

実は、自分が思っている自分と、本来の自分らしい自分が違うという面もあるんです。
しかも、自分が思っている自己イメージと逆なところに自分らしさがあることが少なくないんですね。

例えば…
自分では「すごく真面目で不器用で、根が暗い」と思っていたとします。
けれど、本来の自分らしさにOKを出していくと「天真爛漫でユニークでおっちょこちょいな愛されキャラだった」なんてこともあります。

自分では「おとなしいタイプ」と思っていたのが、実はとても情熱的で情の深いタイプだったということもあります。

自分では「サバサバしたボーイッシュなタイプ」と思っていたのが、実はとても女っぽいものを持っていたということもあります。

自分が思っている自分(外側に見せている自己イメージ)と
本来の自分(内側にあって表現されていない自分)が違うため、
好きな人に振り向いてもらえない現象が起こっていることもあるのです。

例えば
外側に見せている自分……サバサバボーイッシュ
内側にある自分……女っぽい
としたら

内側の自分(女性的な自分)は男らしい頼れる男性を求めているのに、好意を持ってくれるのは中性的な男性ということも起こるんですね。

ちょっと悲しいミスマッチです……。

「自分らしさ」を表に出して
好きな彼と出会う

小学校高学年から中学生、高校生にかけての時期。
「けっこう暗かった」「自分の中では黒歴史」と感じている人は、実はとても多いんです。
というのも思春期って、周りの目をとても気にするようになるからですね。

自分らしさや魅力って「違い」を生み出すものなんです。
自分らしい魅力とは、「突出しているところ」でもあるのですが、それが「違い」にもなるんです。
そして、この思春期の時期に周りから浮かないように「違い=自分らしさ」を隠してしまうことが起こりやすいのです。

思春期に封じ込めた自分らしさについては、こちらの記事もおすすめです。
セクシャリティを解放すると、魅力的なオーラが出るってほんと?

好きな人に好かれない問題が教えてくれるのは、
自分でも気づかないまま、自分らしさにフタをしているということなのかもしれません。

自分らしさをキラキラさせて、好きな彼を振り向かせる

知らない間にフタをしてしまった、自分らしさを取り戻していく。
そして、自分らしさを表現できるようになると……。

自分らしいオーラをいきいきと放つあなたに惹かれた男性が、出てくるようになるんですね。
すると「本来の自分」と釣り合う男性とうまくいくようになっていくんです。

自分らしい魅力を開いていくとき、女らしさや大人の女としての魅力も花開いていくことが多いんです。
女性としての魅力(男性としての魅力)も、思春期に閉じ込めてしまいやすいからなんですね。

 

女らしさを開いて表現できるようになると、ぐっと雰囲気が変わり、異性として男性をひきつけるオーラが出るようにもなっていったりします。

気づかないまま封じ込めた自分らしさって、
自分でも何を封じ込めているのか、わからないものなんです。

それが「実はこういう話、人に話したことがなかった」という話をしていく中で、封じ込めた自分らしさを発見したり、自分らしさにOKを出したりしていけることはとても多い

自分にとっては、「こんな自分は見せられない」と思っていたことでも
人に話すことで、「見せられないって思わなくて、よかったんだ」と感じられることが多いからです。

実際のカウンセリングでは、自分では「黒歴史」と思っていたことをカウンセリングでポロリと話したことで

「こんな自分は隠さなきゃって思ってたけど。そんなふうに思わなくてもよかったんだ」

そう思ったら、すぐに彼氏ができた……なんて人もいました。

自分らしさにどんどんOKが出せるようになり、女性らしさも表現できるようになっていくと、視界に入る男性も変わっていきます。

それまでは気づかなかった「この男性、素敵だな」という人がアンテナにひっかかりやすくもなっていくんですね。自分に合った彼に出会いやすくなるんです。

自分らしくいきいきした自分を、好きだなと感じられるようになると。
「こんな私じゃ、やっぱりムリなんじゃないか」というこわがりな気持ちを超えて、彼と話したい、彼と一緒にいたいという思いから、自分からも相手に近づきやすくもなるんですね。

好きになる男性との恋愛を実らせていくためにも
自分らしさ、自分らしい魅力を開いていきませんか?

素敵なパートナーシップを手にするお手伝いをさせてださいね。

初回無料カウンセリング

初回無料のカウンセリングをどなたでもお試しいただけます。
お気軽にお問い合わせくださいね。
初回無料の電話カウンセリングって何?

好意を持たれると気持ち悪いのは、女として見られるのが嫌だから 男性に好かれたり、好意を持たれると気持ち悪いと思ってしまう。飲み会とか婚活とか、出会いの機会があっても、好意を持たれてるとわかると気持...
片思いの彼。このまま好きでいていいの?と悩むなら 片思いの彼がいるけれど、なかなか関係が進展しない状態が続いているなら。そんなときは、どうして近づくことができないんだろうと自分の気持ち...
ABOUT ME
中村陽子/心理カウンセラー
中村陽子/心理カウンセラー
カウンセリングサービス所属。恋愛、婚活、片思い、復縁、生き方、自己実現などなど……年間600件のご相談を受けています。「このままでいいのかなと、もやもやする……」そんなときは電話カウンセリング(45分間/初回無料)もお気軽に使ってみてくださいね。ツイッターでも幸せをつかむマインドづくりのコツつぶやいてます@nakamurayoko70