恋愛心理学

自分を犠牲にしてでも、彼を見捨てられない

付き合っている彼がいる。
でも、その彼と一緒にいることにときどき限界を感じる。
もう、これ以上背負えないって、そんな気持ちが突然わいてくることがある。

というのも、彼はあんまり仕事が好きじゃなく、一人で生活するのもやっとの稼ぎしかなくて。
気がつくと、デートやそのほか、私がほとんどお金を払っている。
彼を助けるために私が出していたら、それが当たり前になっちゃった。

稼いでるほうがお金を出せばいいと思うけど。
でもときどき、「もう無理」って思う。

でも私が別れたら、彼を見捨てちゃう気がして、別れられない。
***

これを読んで「状況はちょっと違うけど、何か心あたりがあるかも…」と思うなら。
もしかしたらあなたは「助けたい症候群」かもしれません。

助けたい症候群とは、
なぜかいつも、何かしらの問題を持った相手に心惹かれてしまう。
放っておけなくて、私がなんとかしてその人を助けたいと思う。
その結果、自分を犠牲にしてでもなんとかしようとしてしまう。
そんなマインドのことです。

「私が面倒をみなきゃ」のほかにも、「彼の孤独をなんとかしてあげたい」とか「傷ついた心をなんとかしてあげたい」と感じていることもあります。

そして、
失恋や離婚の傷で女性を信じられなくなった男性
人を寄せ付けない孤独な男性
いま大変そうで苦しんでいる男性
家庭がうまくいっていない既婚者
などに惹かれてしまうのです。

いまの恋愛で、苦しくないならいいんです。
でも、自分を犠牲にして相手を助けていると、どこか苦しさが出てきてしまうものなんです。

この関係を続けていても、先が見えない。
でも彼を見捨てて、自分だけがラクになるわけにはいかない。
だけど本当のことをいうと、しんどい――。

助けたい症候群のマインドを持つ人は、
心の中に「本当は助けたかったけど、助けられなかった誰か」がいることが多いんです。

子どものころに親を助けてあげたかったという思いかもしれないし、
過去に付き合った恋人のことかもしれません。

離婚して一人ぼっちで大変そうな暮らしをしている親を助けたかった。
孤独な父をなんとかしてあげたかった。
窮地に立たされている親をなんとかしてあげたかった。
病気になった恋人を本当は助けたかった。

「でも、そのときの自分には、何もできなかった」

「助けられなかった」という思いが残っていると、
いまの恋愛で、問題のある彼を助けることで、
その助けられなかった思いを果たそうとしてしまうんです。

だけど、「助けられなかった人の代わり」なので、
その彼を助けることができたとしても、
助けられなかったという思い自体はなくならないんです。

また、
「過去の自分」を助けようとしていることもあります。

本当はしんどかったのに、誰にもしんどいと言えなかった。
ひとりでずっと孤独を抱え続けてきた。

など、過去の痛みがあると、大変そうな人を見たときに、
当時の自分を見ているような気持ちになります。

そして、なんとかしてあげたいという気持ちになり、恋愛を通じて相手を助けようとします。

問題のある彼を放っておけない、けど幸せな恋愛にならない――。
そのパターンを抜けていくには
「助けたかった人を助けられなかった」という思いや
「あのときの自分はほんとうにしんどかった」という思いを癒していくことなんです。

問題のある彼、付き合うのが大変な彼を放っておくことができないのは
自分の中に、助けられなかった誰かがいるからだ――。
まずは、この気づきが第一歩なんです。

そして。
大切な誰かを助けられなかった……。
そこには「本当は助けたかった」という想い、愛情があります。
だけど「助けられなかった」という方向ばかりを見てしまうんです。
助けられなかったという罪悪感、自分には何もできなかったという無力感。
そのフィルターを通して、見てしまうんです。

だからこそ
助けたかった人を、ほんとうは十分に助けてきたのかもしれないということを
受け取っていくことが大切なんですね。

助けられなかったという思いよりも、
助けたかった人への愛情が自分の中にあったという方向を見ていくんです。
何もできなかったという思いよりも、
何かしてあげたかったという自分の中の愛情に、目を向けてほしいんです。

そして、「助けたかった」とあなたがそこまで想った人からの
あなたへの想いと願い。
それらを受け取っていく――。
そんなプロセスになっていきます。

また。
助けたかったのは自分だった。
相手の中に見ているものが、助けたかった自分だとするのなら、
そのころの自分の気持ちを、受け止めていくんです。

つらかった、しんどかった、苦しかった。
頼る人が誰もいなくて、本当に大変だった。

そのころ、誰にも言えなかった自分の気持ちを、
誰かに話して、ちゃんと受け止めてもらうんです。
そうやってそのときの気持ちをわかってもらいながら、感情を癒していくんですね。

自分の中に、置き去りになったままの自分がいるんです。
その自分の気持ちをわかってあげる。
そうやって自分を愛してあげるんです。

そして。
「自分が幸せになること」にも、目を向けます。

彼に幸せになってほしい。自分も幸せになる。

この2つは、両立できるものなんです。
どっちもあって、いいんです。

「自分の幸せ」も考えられるようになっていくと、犠牲的な恋愛ではなくなっていきます。
「彼との付き合いは、何かがしんどい」という思いを、持たなくてすむようになっていきます。

彼を助けるにしても、自己犠牲的に背負うのではなく
「私がしたいからするけど、できる範囲でやる」と思えるだけで、
いまよりずっとラクになります。
「もう無理、これ以上背負えない」という思いを、持たなくてすむようになるはずですから。

助けたいマインドを癒していく過程で
彼と付き合い続けるかもしれないし、別の人を選ぶようになるかもしれません……。

どちらになるにしても
いまの「なぜか先の見えない状態」からは抜け出すことができるようになるでしょう。

どうか、あなた自身のことも
「幸せにしてあげるリスト」に入れてあげてください。

それがひいては、まわりまわって、あなたが助けたかった人を助けることにもなるのですから。

ABOUT ME
中村陽子/心理カウンセラー
中村陽子/心理カウンセラー
カウンセリングサービス所属。恋愛、婚活、片思い、復縁、生き方、自己実現などなど……年間600件のご相談を受けています。「このままでいいのかなと、もやもやする……」そんなときは電話カウンセリング(45分間/初回無料)もお気軽に使ってみてくださいね。ツイッターでも幸せをつかむマインドづくりのコツつぶやいてます@nakamurayoko70