子どもどうする?

子どもほしいのか、ほしくないのかわからない。だけど、産むならそろそろタイムリミットなのかもしれない……

子どもがほしいのか、ほしくないのかわからない。
もともと、そんなに「ほしい」って強く思ったことはなかった。
だけど、最近。なぜか、気持ちがもやもやしていて…。

前はぜんぜん気にならなかったのに。
なぜか、SNSで知り合いが子どもと一緒の写真をあげているのを見ると。
気持ちがもやもやとか、胸がチクチクっとする。

前はぜんぜん焦ったことなかったのに。
なぜか急に、自分にはもう結婚とかできないんじゃないかという焦りが出てきてしまって。

前はぜんぜん気にならなかったのに。
私は子ども、産まないんだろうなって思ってたけど。
なぜか最近、悲しくなってきたりしてしまって。

いまのもやもやする気持ち、チクチクする痛み、ふしぎな悲しさ……。
これってなんなんだろう?って、思いながら、過ごす夜もあるかもしれません。

いまのこの気持ち、どうか大事にしていただきたいと思うんです。

もしかして「もし子どもを産むなら、そろそろタイムリミットも近づいてきているかもしれない」という気持ち、ありませんか?

そのもやもやや、チクチクや、悲しみは
もし、子どもがほしいなら。いま動いたほうがいいかもしれないよって。
そんなことを伝えてきているのかもしれません。

子どもがほしいのか、ほしくないのか。
自分ではよくわからなくって。
だけど、なんだか気になって……。

もし、そうだとしたら。その「気になる感じ」を、大切にしてみていただきたいなと思うんです。

心のもやもや、胸のチクチク、不思議な悲しみ、気になる感じは
もしかしたらあなたに、何かを伝えようとしてるのかもしれません。
だからそれらを、「もういやっ。あっちいけ」ってやらないで、大事にしてみていただきたいんですね。

自分がほんとうはほしいものがあっても
それを「持つわけにはいかない」という気持ちがあると、
「ほんとうはほしい」と思えなくなってしまったりするんです。

「持つわけにはいかない」という気持ちが、心の奥の無意識にあると
あ、いいな。ほしいなっていう気持ちが出てきても、それを打ち消そうとするんです。
そして「私には、むりだから」って。
そんな言葉が、浮かんできたりもするんです。

ほしいのか、ほしくないのかわからない――。

この思いが伝えて来てくれていることは、「ほしい気持ちもある」ということ。
もし、「ほしくない」ってキッパリ思っていたら、「ほしいのか、ほしくないのかわからない――」とはならないと思いませんか?

で。ほしいのか、ほしくないのかわからない――を、ひとりで解き明かそうとしないでほしいんです。

ひとりで解き明かすのは、難しいんです。
なぜなら、ほんとの気持ちを自分で探ろうとしても、「もう今さら、遅いし」「自分には無理だし」といった言葉が浮かんできてかき消されてしまうから。

最近、子どものいない女性と、子どもにまつわる話をすることが多いのですが。
「妊娠しにくいかもしれないって、言われたことがある」という話題になることも、けっこう多いんです。
子宮や卵巣にちょっと病気があって……というお話。

子宮や卵巣に病気があると、「きっと子どもは難しいだろうな」と知らず知らずのうちに思い込んでしまっていたりすることも少なくありません。
妊娠しにくいかもしれないのと、妊娠できないのって違うのではないですか?
ひとつひとつ話していくと、「あ、確かに。ほんとだ」と思えてくることも。
「妊娠しにくいかもしれない」という思い込みが、はがれていくことも結構あるんです。

また、「これまで子どもをほしいと思ったことがなかった。どうしてかというと、子どもにつらい思いをさせたくないから」というお話もとてもよく聞きます。
こんなお話をされるのは、「自分の子ども時代、いろいろつらいこと、大変なことがあった」という方に多いんです。

自分がしてきたようなつらい思いを、子どもにはさせたくない。だから子どもはほしいと思ったことがなかった。だけど、出産タイムリミットを感じ始めてから、子どもほしくないって思い続けたままで本当にいいんだっけ?とも思うようになった。

子どもに自分と同じようなつらい思いをさせたくないという気持ちを持っている方って、とてもいいお母さんになったりするんです。「こういうことをされて嫌だった」という体験をしてきた分だけ、子どもにはそういうことをしないお母さんになれたりするからです。
自分の子ども時代の傷つき体験、満たされなかった体験をカウンセリングなどで癒していくことで、いいお母さんになる才能が開花していくこと、とっても多いんですね。

もしどこかに、「このまま年をとって、後悔とかしないだろうか」という思いがあるなら。
いま、諦めちゃわないで、ちょっと方法を探ってみてもいいのかもと思うんです。
それも、ひとりでやらないで。一緒に考えていきませんか?

もし、子どもと聞いたときに
子どもがほしいのか、ほしくないのか。自分ではよくわからない。
そんな思いがあって、もやもやしてるなら。

もう子どもを持たないだろう。
そう思っているのに子どもと聞くと、なぜか胸がチクチクもやもやしているなら。

子どもについて「自分はほんとはどうしたいんだろう?」と考えるお手伝いをさせてくださいね。

初回無料カウンセリング

初回無料のカウンセリングをどなたでもお試しいただけます。
お気軽にお問い合わせくださいね。
初回無料の電話カウンセリングって何?

子ども好きだけど、ほしくない。無意識で「子どもと結婚」を遠ざける理由 子どもはとても好きなんです。だけど私、子どもほしくないんです。こんな声を聞くことがあります。シングル女性でも、結婚している女性でも。 ...
子どもを産むならあと数年…だけど結婚できない彼ばかり 子どもを産むならあと数年。だけど、いま相手がいない。よくよく考えると、結婚の話が出そうになった彼とは別れてしまった。そのあとは不倫の彼...
ABOUT ME
中村陽子/心理カウンセラー
カウンセリングサービス所属。恋愛、婚活、片思い、復縁、生き方、自己実現などなど……年間600件のご相談を受けています。「このままでいいのかなと、もやもやする……」そんなときは電話カウンセリング(45分間)をお試しくださいね。ツイッターでも幸せをつかむマインドづくりのコツつぶやいてます@nakamurayoko70
カウンセリングを受けるには

カウンセリングを受けるのが初めてという方も、お気軽にお越しください。
うまく話せるかどうかなどは、気にせず、今悩んでいることをお話くださいね。
自分のほしい生き方をつかんでいきませんか?
・婚活・恋愛、パートナーシップ
・自分らしい生き方、やりたいことを生きる
・女性性開花、セクシャリティ
・人生の行き詰まり感
・ミッドライフクライシス
・40歳、50歳からの生き方カウンセリングのご利用方法はこちらです。

→カウンセリングのご案内
→最新のカウンセリングスケジュールはこちら
→面談カウンセリングって何するの?