子どものいない生き方

子どものいない生き方ワークショップ/2月6日(日)開催します

子どものいない生き方をテーマに、2月6日(日)13時~2時間、ワークショップを開催します。

子どもがほしかった。
子どもがほしいと思わなかった。
人それぞれ、いろんな思いがあるものです。

だけど。
子どもがいないことの胸のうちを、誰にも話すことなく、自分ひとりだけで抱えていることって、多いように感じています。

子連れファミリーの姿を見たり、子どものいる人の中にいると、なんか心がチクチクする。
友達や同僚に子どもが産まれたと聞いても、素直におめでとうって言えない自分が嫌になる。
子どもを育てていない自分は、人として何かが足りないんじゃないかと思ってしまう。
親に孫の顔を見せてあげられないことを、申し訳なく思ってしまう。

子どもがいないということに、いろんな思いを抱いたりするものだけど。
「こんなふうに思っているのって、自分だけなんじゃないか」
「こんなことを思ってるのを、人に知られてはいけない気がする」
そんなふうに感じて、自分ひとりで抱えていることって、少なくないんじゃないかと思うんです。

だって。言えないじゃないですか。
産休中の女性が職場に赤ちゃんを連れてやってきて、「うわ~、かわいいわね~」ってみんなが言っている中で、祝福なんてできない自分を知られるわけにはいかないって、思っちゃったりするじゃないですか。

時短で帰る子育て中の同僚に、こころよく「おつかれさま」って言えない自分を悟られてはいけないって、思っちゃったりするじゃないですか。

子供のいる同僚や友達と一緒にいるときに、「あの人たちはいいよね」って思う気持ちがあるなんてこと、隠しておかなきゃいけないって思っちゃったりするじゃないですか。

働くママさんを応援しますという世の中に、肩身の狭い思いをしていたり、自分は外れているように感じたりしていること、誰にも話すわけにはいかないって思っちゃったりするじゃないですか。

子どもをもっていない、育てていない自分って、人として何かが欠けているんじゃないだろうかって、そんなふうに思っていること、人に言えないと思っちゃったりするじゃないですか。

子どもがいないことにまつわる心のうちって、なんだか人に話せない。
そんなことって、少なくないんじゃないかと思うんです。

私がはじめて、そう感じたのが10年前。
子どもほしいのに自分はシングルで、悶々(もんもん)としていた時期でした。
だから子どものいない元同僚女性を誘って、悶々を聞いてもらったんです。
彼女は当時45、6歳くらいでした。

そしたらそのとき
「私もね、同じようなこと思ってたんだ。だけど職場ではそんな素振り見せちゃいけないから。
大丈夫なフリ、なんでもないフリしなくちゃいけないから。言ったことなかったんだ。
中村ちゃん、誘ってくれてありがとう」
って、言われたんです。
そのひとことが、今でも忘れられません。

あれから10年経ったけど。
いまも、ひとりで誰にも話さずに、自分だけこんな思いを抱えてるんじゃないかって
そんな思いを秘めたまま、頑張っている人。少なくないんじゃないかなって思うんです。

子どもがいないことにまつわる胸のうち、少しでも話せる場があったらいいんじゃないかって。
ずっと思ってきたんです。
そのくらい、人知れず自分の中だけで抱えていることって少なくない気がしてるんです。

もしかしたら、同じように思っている人がいるって思うことでちょっと気持ちが軽くなるかもしれません。
子どもがいない胸のうちは、人それぞれに違うけど。
自分とは違う思いを聞くことで、何か感じることもあるかもしれません。

今回はサブタイトルに、これからの自分をどう活かしたいですか?って付けました。

子どもがいないことのもやもやは、ほんとうは注ぎたい何かがあるのに注げないことの苦しさかもしれません。
ほんとうは生み出したい何かがあるのに、それができないことのしんどさかもしれません。

ワークショップの後半は、少しだけでも、これからの自分をどう活かしたいのか、その種(タネ)を感じていただけるといいなと思っています。

子どもがいない生き方。
いまはロールモデルもいないように思えるから、残りの人生どう生きていいのかって思ってるかもしれません。
いまはちょうど、子どものいない生き方を手探りながらつくっていく過渡期なのかもしれません。

もし、いま、もやもやとした気持ちやチクチクとした思いや悩みを抱えているとしたら
きっと、その気持ちと同じ分量だけの「注ぎたい何か」があるってことかもしれません。
知ってましたか? 気づいてますか?

抱えていた悩みや思いを整理して手放すと、その分だけ、新しい何かが入ってきます。
それは、あなたにとって大切な何か、あなたがいきいきと生きるための大切な何かかもしれません。

もしかしたら、未来はこれからおもしろくなるかもしれない。
少しでもそんなふうに感じていただけたらいいなと思っています。

このワークショップ。
ちょっとでも気になるかもと思われたなら…
ぜひ、いらっしゃってくださいね。
心よりお待ちしております。

\カウンセリングサービス ワークショップ/
これからの自分をどう活かしたいですか?
子どものいない生き方

日時:2022年2月6日(日)13時~15時
ZOOM(オンライン)開催
受講料:4400円(税込み)
講師:中村陽子
ゲストカウンセラー:岡田えりこ高梨弥生まえじまようこ美吉風香松尾たか渡邊睦代

もし余裕のある方は…。
お申し込みの際に、「ワークショップに参加したいと思った理由」をメッセージ欄に書いていただけるとうれしいです。簡単な一言でも十分です。
(ワークショップを作っていくときの力になります^^)

(もし、すでに申し込んだけど書きそびれた~という方も
カウンセリングサービスのお問い合わせフォームから「中村陽子宛」にお送りいただけるとこちらに届きます)

お申し込み後は、こちらから決済をお願いします。
オンラインワークショップの参加手順については、こちらもご覧くださいね。

<ワークショップご参加の際のお願い>

このワークショップでは、グループで話す時間もあります。
そのため、ビデオとマイクが使える状態でご参加をお願いします。
(ビデオで顔が映る、マイクで話ができる状態)

また参加者のプライバシーを守る観点から、映像や音声が参加者以外に見聞きできない環境でご参加ください。
(例えば、ご家族とお住まいなどの方は、ご家族(参加者以外の方)に映像が見えない、音声が聞こえない(イヤフォンの使用など)環境で参加してくださいね)

みなさまにお会いできるのを楽しみにしております。

初回無料カウンセリング

初回無料のカウンセリングをどなたでもお試しいただけます。
お気軽にお問い合わせくださいね。
初回無料の電話カウンセリングって何?

しんどいくらいに、子どもがほしい。しんどいくらいに、子どもほしかったの次のステージとは 子どもを持つのか、持たないのか。そのギリギリの選択を迫られるのが女性の場合、40歳~42歳な気がしています。 子どものいない女性...
「独身。子どもラストチャンス!」のあとに、見えてきたもの子どもがほしいーーーーっ。DNAが叫ぶ時期、ある気がします。 私自身は、41歳~43歳がピークだった気がします。 子どもがほしくてほしく...
ABOUT ME
中村陽子/心理カウンセラー
カウンセリングサービス所属。恋愛、婚活、片思い、復縁、生き方、自己実現などなど……年間600件のご相談を受けています。「このままでいいのかなと、もやもやする……」そんなときは電話カウンセリング(45分間)をお試しくださいね。ツイッターでも幸せをつかむマインドづくりのコツつぶやいてます@nakamurayoko70

もし、子どもがいないことにもやもやとした気持ちを抱えているなら。
その気持ち、ずっと自分ひとりで抱えてきませんでしたか。

\ワークショップ/
これからの自分をどう活かしたいですか?

子どものいない生き方

日時:2022年2月6日(日)13時~15時
ZOOM(オンライン)開催
受講料:4400円(税込み)
講師:中村陽子

\こんなワークショップです/

こちらの記事をぜひ覗いてみてくださいね。

カウンセリングを受けるには

カウンセリングを受けるのが初めてという方も、お気軽にお越しください。
うまく話せるかどうかなどは、気にせず、今悩んでいることをお話くださいね。
自分のほしい生き方をつかんでいきませんか?
・婚活・恋愛、パートナーシップ
・自分らしい生き方、やりたいことを生きる
・女性性開花、セクシャリティ
・人生の行き詰まり感
・ミッドライフクライシス
・40歳、50歳からの生き方カウンセリングのご利用方法はこちらです。
→カウンセリングのご案内
→最新のカウンセリングスケジュールはこちら
→面談カウンセリングって何するの?