恋愛心理学

甘えられないしっかり者の長女の恋愛がうまくいかないのは…

どうやって甘えればいいのかわからない。
甘えたり、頼ったりするのが上手な女性を見ていると、正直、腹が立ってしまう。

自分でもかわいげがないな、って思うけど。
どうすればいいのか、わからない……。

自分のことは自分でなんとかしなきゃ。自分でできるようにならなきゃという生き方を長い間してきた自立女性は、甘えられない、甘え方がわからないという気持ちを抱くようです。

実は、どうやって甘えていいのかわからないという人は、子どものころ、早くに自立をした人が多いんです。

例えば
お母さんの愚痴の聞き役をずっとしていた。
お母さんがいつも大変そうで、自分が迷惑かけないようにしっかりしなくてはと思った。
手のかかるきょうだいがいて、お母さんがいつもその子にかかりきりだった。
経済的に大変な時期など、家庭の状況が大変な時期があり、自分は親に負担をかけてはいけないと思ってきた。
お父さんが家で暴れていて。自分がお母さんを守らなきゃと思った。
お姉ちゃんだからと言われて、自分のことは我慢してきょうだいの世話をしてきた。
etc…

自分のことは自分でできるようにならなきゃ、親の負担にならないためにもちゃんとしなきゃと思って、やってきたことが多いんです。
子どものころから。

さらにいうと。
甘えられない女性は、お母さんを守る役をしていることも多いんです。

頼りにならないお父さんの代わりに、自分がお母さんを満足させようとしてきた。
暴言を吐くお父さんから、お母さんを守ろうとしてきた。
こんなふうに自分がお母さんを男として守るんだと思ってきたとしたら、
心理的には、お母さんの夫がわり。
(お母さん以外の家族の誰かを守るために、男役をしていることもあります)
男役をしているので「自分は長女というより長男」と感じていることもあるかもしれません。

お母さんの夫がわりということは、どういうことかというと。
お母さんの横に自分がいる状態、なんですね。

お母さんの横に、夫役として自分がいる。
すると「私も大きくなったらお嫁さんになりたい♪」ってなりにくいわけで(もうお母さんと結婚しちゃってるし)。

自分では意図してないんだけど、仕事優先の生活をしていたり、パートナーをつくるにしても結婚できなさそうな男性(不倫、野良猫男子、経済的にかなり不安定な彼など)を選んでしまったりということが起こります。

自分の横にお母さんがいる、という状態です。

つまり
自分の横に、彼(夫)がいる

と、なりにくいわけなんです。

パートナーシップでは
男性が守る側、女性が守られる側に立てると
「頼りになる彼と一緒にいられて、安心できる」と感じられるのですが

お母さんを守ってきたタイプの自立女子は
自分が守る側、に立ちやすいんですね。

そのため、パートナーシップを組もうとしたときに「女としての私」を守ってくれる人の位置に、男性が入りずらくなってしまうんです。

そのため、男役をやってきたタイプの人は、自分よりも強い男性(超自立男性)を選んで守ってもらおうとするものの、相手が超自立なのでなかなか近づけず、寂しい思いをするとか
やさしいけれどいま一つ頼りにならない男性と付き合って、自分が守る位置のままでいるということになりやすいんですね。

また、お母さんの母親役になってることもあります。
お母さんの愚痴の聞き役をして、なぐさめてきた。
お父さんと結婚なんてするんじゃなかった。私は不幸だ、私の人生にいいことなんてないというお母さんのそばに寄り添って、愚痴を聞き続けて、なぐさめてきた。
子どもっぽくて少女のままでいるお母さんをいつもなぐさめてきた。
そんな場合は、お母さんの母親役になっていることが多いんです。

するとパートナーシップでは、男性と縁遠くなっていることがあるようです。
例えば、周りの友達は結婚したり彼がいたりするけれど自分だけなかなか彼ができずに取り残されているように感じて悩んでいたり。
あんまり彼がほしいと思っていないんだけど、そんな自分に「あれ?なんかおかしいのかな?」と感じたり。

男役としてお母さんを守り、お母さん役として愚痴を聞いてあげた。
そんなふうに両方の役割をしていた人も少なくないはず。

いずれにしろ
ここらへんに、しっかり者の長女の恋愛の悩みが出てくるんですよね……。

だけど、しっかり者の長女の中にだって、しっかり者の自立女性の中にだって、心の中に「誰かに守ってもらいたい」という女の子の自分がいるんです。
ほんとうはその女の子の自分をを、誰かに見つけてもらいたい、誰かに触れてもらいたい。
だけど、守ってもらいたい女の子の自分、ほんとは誰かに甘えたい女の子の自分をなかなか見せられなくて、ひとりさびしさを抱えていたりもするんです。

そして、表に出られない女の子の自分が、周りの幸せそうな女性たちを見たときに悲しむんです。どうしてみんなは、あんなふうに幸せになれるの? どうして自分はなれないの?って。

お母さんを守る生き方をしてきた人は、もしかしたら女性特有の疾患を持っていることもあるかもしれません。

自分が女であることを封印し、家族のために頑張ってきた。
それだけの愛情と情熱を豊かに持っているのに、自分が女として生きるのは後回しにしてきた……。
そんな悲しみも、あるかもしれません。

だけど
ほんとは、誰かに守ってもらいたいですよね。
ほんとは、恋人と出会って、一緒に生きていきたいですよね。

だとしたら、女の子の自分を救ってあげませんか。
女として生きることを後回しにしてきた自分を、救い出してあげませんか。

ずっと我慢して、閉じ込めてしまった女の子の自分を助け出して
その子の声を聞いてあげませんか?

そして、その子に「女として生きていい。女としての幸せをつかんでいい」と許可を出してあげませんか?

親を守る役割をしてきたために、閉じ込めてきた女の子の自分。
その自分を取り戻す。そして表に出していく。
かわいい女の子としての私に、表に出てきていいよ~って言ってあげる。
そして、誰かに守ってもらっていいんだよ~って言ってあげる。

もう十分、頑張ってきましたよね。
そろそろ自分を幸せにしてあげて、いいですよね。

かわいい女の子の自分、けなげな女の子の自分が表に出始めてくると。
それを見た誰かが、僕が守ってあげたいってあなたのもとにやってきてくれたりもするんです。

きっとそこに、あなたの女の子がほんとにしたい生き方が見えてくるかもしれません。
それを見つけていきませんか?

初回無料カウンセリング

初回無料のカウンセリングをどなたでもお試しいただけます。
お気軽にお問い合わせくださいね。
初回無料の電話カウンセリングって何?

女として生きてこれなかった私。 いろいろな理由があるんですが。「女として生きてこれなかった私」を自分の内側に秘めていることがあります。 ほんとに、いろんな理由が...
ふつうの女子に嫉妬しちゃう。女の子を閉じ込めてきた私が女性性の花を咲かせる、あげまんへの道 もともとはとても女性的なのに。いろいろな理由から「女である私」を封印していることがあります。 ふつうの女子を見るたびに自分とは違...
ABOUT ME
中村陽子/心理カウンセラー
中村陽子/心理カウンセラー
カウンセリングサービス所属。恋愛、婚活、片思い、復縁、生き方、自己実現などなど……年間600件のご相談を受けています。「このままでいいのかなと、もやもやする……」そんなときは電話カウンセリング(45分間/初回無料)もお気軽に使ってみてくださいね。ツイッターでも幸せをつかむマインドづくりのコツつぶやいてます@nakamurayoko70
カウンセリングを受けるには

カウンセリングを受けるのが初めてという方も、お気軽にお越しください。
うまく話せるかどうかなどは、気にせず、今悩んでいることをお話くださいね。
自分がほんとうにほしい生き方をつかんでいきませんか?

《例えばこんなお悩み》
・婚活・恋愛、パートナーシップ
・自分らしい生き方、やりたいことを生きる
・女性性開花、セクシャリティ
・人生の行き詰まり感
・ミッドライフクライシス
・40歳、50歳からの生き方

心理カウンセラー中村陽子のカウンセリングのご利用方法はこちらです。

カウンセリングを受けるには
最新のスケジュールはこちら