サバサバ系女子の女性性アップ

いつからだって女性性は開花できます

自分は女らしくない。
女として、見られてないんじゃないか。
そんなふうに思っている女性たちは、少なくありません。

 

もしいま、女らしくないし、女性としての生き方をしてこなかったとしても。

気づいたときからいつだって、女としての輝きを発することはできるんですよね。
 
 
人それぞれ「女らしくない生き方」をしてきたのには、理由もあるし、歴史もあったりしますよね。でもそれでいいんだと思うんです。
そうするだけの理由があったから、そうしてきたんですよね。

 

自分のことを思い出しても、「女らしくない生き方の歴史」はそれはそれで面白かったなと思ったりしています。

 
例えば、ふとこんなことを思い出しました。
「そういえば20歳のころ、女性をやるのをやめたんだっけ」スカート履いて、足を出しますよね。
すると、男性から「足がきれいだね」とほめられますよね。
当時はそれを、不自由に感じたんです。

 

男性の視線を意識する自分から、逃れたかったんですね。

自分の身体を、男性の視線を気にしながら作り上げようとしている、自分の意識そのものが嫌。
そんな感覚だったんです。

そこから、かなり長い間、男の子のような外見になりました。
そのくらいしないと「男性の視線を意識してしまうこと」から逃れられなかったのだと思います。

つまり、女性であることに敏感だったし、女性的だったということかもしれないのですが……。

みんな、女性性と男性性の両方を持っています。

女性性を開くということは、自分が女であることをどのくらい受け入れ、意識し、それを楽しんだり使ったりしているか……ということなんですね。

自分の中にあるものに気づき、それを「いいもの」と思い、楽しみ、人のためにも使っていく。
女性性も、魅力や才能も、そうやって開いていくんですよね。

自分の女性性に気づき、それを意識することで、どんどん女性性は開いていきます。
そして、こちらの女性性が高まれば、パートナーの男性性も高まっていきます。

恋活、婚活中なら、
自分の女性性が開いていくことで、男性性の高いパートナーを引き寄せやすくなります。

ふたりの間で、男性性と女性性のバランスを取り合うからなんですね。

もともと男性性がある人の女性性が開くと、仕事もグッとうまく進むようになります。
バリバリ仕事をがんばるタイプの人、かなり責任感の強いタイプの人が、周りの力を借りながら、周りの協力を得ながら、周りに盛り立ててもらいながら、大きな成果を得ることができるよういなっていく……。
女性性が加わるって、そんなイメージなんですね。

恋も仕事も、女性性が開いて高まっていくと、お得なことがいっぱいなんです

□男性からの愛され力がアップします
□男性を癒やす力がアップします
□男性に自信を与える力がアップします
□女性性がアップして、自信がつきます
□魅力的な女性になれます
□あげまん女性になれます

……と、私自身が語れるようになるとは。
まったく思っていませんでした。

私の封印していた女性性が開いたのはここ数年。
45歳を過ぎてから……なんです。

「並の男より、男らしい」と言われていたのですが、その男性性はいまも自分の中にあります。
プラスアルファで、女性性も加わった感じなんですね。
決断力や行動力もありながら、女であることも楽しめる。
お得かも~

女性性って、開けるんです、いくらでも。
いま、「自分にはあんまりなさそう」と感じていたとしても、ぜんぜん大丈夫です。
年齢だって、関係ないんですよ。

女性性はいつからだって開花できます。
ほんと、ほんと。

もし
「これまで、女らしさと距離を取りながら、生きてきたかもしれないな」
「ほんとうは、自分の中の女性性をもっと使ってみたい気がする……」
そんなふうに持っているなら。

カウンセリングで
女性性を開いていきませんか?

自立女子のための女性性開花7つのポイント一人の人の中に、女性的な側面(女性性)と男性的な側面(男性性)の両方を持っています。自立女子は、仕事などで男性性を使っていることが多いけど、豊かな女性性もいっぱいあるのです。女性性開花のヒントを紹介します。...
ABOUT ME
中村陽子/心理カウンセラー
中村陽子/心理カウンセラー
カウンセリングサービス所属。恋愛、婚活、片思い、復縁、生き方、自己実現などなど……年間600件のご相談を受けています。「このままでいいのかなと、もやもやする……」そんなときは電話カウンセリング(45分間/初回無料)もお気軽に使ってみてくださいね。ツイッターでも幸せをつかむマインドづくりのコツつぶやいてます@nakamurayoko70