自信をつけたい、自己肯定感UP

本当はなんとかしたいけど、どうしていいかわからない……と一人で悩んでしまうとき

悩んでいるとき、もんもんとしているとき……。
そんなとき、たいていは「自分一人で悩んでいる」ことが多いんです。

このままじゃいけない気がする。
本当はいまの状況から抜け出したい。
けど、どうしていいかわからない――。
そんなときも、「自分一人で悩んでいる」ことが多いんです。

でね。
不思議なことに、「他の人も、同じように悩んでいる」というのを体感的に知るとね、気持ちがちょっと楽になるんです。

一人で悩んでいるとき、「ダメダメな自分」を「なんて、ダメダメなんだ」と責めてしまっています、自分で。
で、ダメダメな自分だからこそ、「このダメダメな部分をなんとか隠して、人前では振る舞わなきゃ」と思います。

職場で、ご近所づきあいで、知り合いや友達との間で、「悩みとか悶々とか、ない私」として、振る舞うんです。

さらに、家に帰ってきて「悩みとか悶々とか、ない自分になっていない私」を「だめじゃん、これじゃーーーっ」と、さらにダメ出ししてしまいます。

多くの人の心の中で、起っていることなんです。
そのくらい「ダメダメな私じゃ、ダメーーーーっ」と、自分が思っているってことなんですね。

でね。
「他の人も、同じように悩んでいる」というのを目撃するとね、「ダメダメな自分を責めること」が、ちょびっと減るんです。

「あれ? こんなふうに『ダメダメじゃん』と感じているのは、私だけじゃなかったんだ」

そう思うとね、ちょびっと気が軽くなるんです。
自分へのダメ出しが、ちょびっと減るからです。

「あ、私だけじゃなかったんだ」と思う。

するとね。
「ダメダメを、自分の中だけに隠しておかなきゃ」という、閉じた世界に、ちょびっと光が差し込むんです。

「自分一人でダメダメを抱えてなくて、いいのかもしれない」って、体感的に感じられると、そこから何かが変わりはじめたりするんです。

だって。
自分だけじゃないのだから。
こんなふうに「ダメダメ」って思っているのは、自分だけじゃないのだから。

自分の中のダメダメを、誰かに打ち明けられるようになると、何かが変わるんです。
最初の一歩は、めっちゃ嫌です。
人になんて、ぜったいに、打ち明けたくない。

それでも、他の人が自分のダメダメを打ち明けているのを見ているうちに、こんな思いわいてくることもあります。

「私、ずっと誰かに聞いてもらいたかったのかもしれない」
長い間、心の奥深く、自分にも見えない場所に、そっとしまっておいた気持ち。

それをね、誰かに打ち明け始めることで、あなたが変わっていくこと、本当に多いんです。

人は、そうやって生きてきたのだと思います。長い歴史の中で。
自分ではどうにもできない「こんな自分、ダメダメ」という思いを、人に打ち明ける。

そうすることで、「本当は、ぜんぜんダメダメなんかじゃなかったんだ。ダメダメって思う必要なかったんだ」と自分の心が大きく転換するほどの何かが、舞い込んでくる。

カウンセリングって、そういうことなんだと思います。
人に打ち明けられない思いを、打ち明ける。
一人では、どうしていいかわからなかった思いの中に、突破口を見つけていく。
そんな時間なのだと思っています。

ABOUT ME
中村陽子/心理カウンセラー
中村陽子/心理カウンセラー
カウンセリングサービス所属。恋愛、婚活、片思い、復縁、生き方、自己実現などなど……年間600件のご相談を受けています。「このままでいいのかなと、もやもやする……」そんなときは電話カウンセリング(45分間/初回無料)もお気軽に使ってみてくださいね。ツイッターでも幸せをつかむマインドづくりのコツつぶやいてます@nakamurayoko70