お礼&ゲスト参加

母なる力を開花するワークショップに感想をいただきました

8月20日開催の「母なる力を開花する 子どものいない女性の自分らしい生き方」ワークショップにご参加のみなさまから、感想をいただきましたのでご紹介します。
お寄せいただいたみなさま、本当にありがとうございます。

グループワークで、ほかの方が話しているときにとてもやさしいエネルギー、あたたかなエネルギーを感じたという声がたくさんあったのは、ご参加のおひとりおひとりが、母なる想いを場に注いだからこそ、と思います。

「同じ思いの人同士、話せてよかった」「もっと話したかった」といった声をたくさんいただけたのも、ご参加のみなさんが想いをシェアしていただいたからこそです。
すてきな場にしていただいて、本当にありがとうございました。

またワークショップをする際には、顔を見せていただけたらとてもうれしいです。
ありがとうございました。

タイトルに惹かれてたのと今の現状を打破したかったので参加しました。すごくよかったし、まだ話したりきいたりしたいと思いました。短時間ですが、大事な思いを打ち明けてくれてすごく大事に参加者さんたちのことを思えました。

成宮先生に、お母さんに友達作って欲しかった話ししたら、じゃあお母さんのそばにいてあげたかったんですね、と言われたこと。またしてほしかったこと(放任、自由にさしてあげる)が自分の愛し方であることがわかりました。

中村先生すごくわかりやすかったし、思いが色々出てきてまだぐちゃぐちゃしてるけど愛してみたいです。参加前より高まっています。成宮先生の笑顔が優しく、グループワークで喫茶店の話とか将来子供を持ったときのイメージがより鮮明になりポジティブになりました。喫茶店わたし開こうかなあとか思っています(笑)
ありがとうございました!!!(Kさん)

Kさんご参加ありがとうございました。「もっとこうだったらよかったのに」とか「お母さんにこれがあればよかったのに」と思っていたの中に、自分にとって大事なものがあるんですよね。それらは「誰かに与えられるもの」になる、大事な想いだったりするんですよね。自分の中のいろいろな思いに気づいたことで愛したい気持ちが出てきたのは、Kさんがたくさんの愛したい気持ちをお持ちだからなんだと思います。将来子どもを持ったときのイメージがより鮮明になったり、喫茶店のことを思い出したり、Kさんは、この世界に与えたい想いをたくさんお持ちなんですね。
ワークショップでいろいろ話すと、それまで自分の中にあったいろんな気持ちが出てきます。もう落ち着いたかもしれませんが、よかったらカウンセリングでも話してみてくださいね。

子供がほぼ難しい年齢に差し掛かり、これからの自分の使い方を見つけたくて参加した。
仲間にシェアし、見てもらうことによって、自分が書き出したものにそれ以上の、何倍もの力がこもることを体験した。同じ子供のいない女性の美しさを見て、自分にも同じような魅力がちゃんと備わっているんだと感じられた。
自分だけの子供に一筋に愛情を注ぎたいというより、もっと広くの人たちに愛を送りたいという思いがあったのかも知れないと気付いた。

素晴らしい講座をありがとうございました!こういう言い方は、たぶん陽子さんにとっては本意でないと思いますが、子供を持たなかった陽子さんが嘘のない気持ちで伝えてくれる母性の話だからこそ、私は素直に受け取り信じられると思います (もし、お子さんを持った女性であれば、どこかで、自分とは違う…と思ってしまいそうだから)。(Aさん)

Aさんご参加ありがとうございました。Aさんの中にたくさんのこの世界に与えたい想いがあることに、きっと気づかれたのではないでしょうか。仲間にシェアして見てもらうことで、何倍もの力がこもるって本当にその通りですよね。グループの一人ひとりが自分の想いをシェアしていくことで、場に力が宿ります。Aさんが母なる想いをシェアしたことも、グループに力を与えていましたよね。子どものいない女性の美しさを見てくれて、伝えてくれてありがとうございます。みなさん、どんなお母さんになりたいですかと話しているとき、本当にやわらかできれいだったですよね。
「嘘のない気持ちで伝える母性の話」と言ってもらえて、なるほど~と思いました。とてもうれしいです。

ブログに書かれてあったように
・産むかもしれないし産まないかもしれないという30代を経て、産まない人生かもしれないと思う40代になった。
・家庭をちゃんとしているわけでもなく、かといって仕事も中途半端。
・人生の半分まできて、この世界に何も成してない。何も与えていない。
・自分だけ自由に生きる人生でいいのかな
に気になって参加した。

参加して、母なる力は、書き出してみると、たくさんあるなと気づいた。自由気ままな生活に罪悪感を感じる部分があったけど、自由なら自由で素晴らしいこと。堂々と楽しく自由に生きればいいではないかと思った。引かずに与えていこう、できることから与えようと思った。

グループのシェアを聞いていて、過度に子どもに目を向ける母親なら、母親自身が別の注ぎ先を見つけてほしいと思うものだし、お母さんが忙しそうと感じる場合は、心の余裕を持って欲しかったなど、ないものに人は目が行きがちだなということに気づいた。

前回の講座でも今回の講座でも、自分がもやもやする原点が、幼少期ではなく、30代以降が影響していると感じるのですが、もっと元を辿ると、幼少期や10代の頃の体験に行き着くのだろうかという自分の疑問。
優しく、温かく受けとめてくださり、ありがとうございました!(Kさん)


Kさん、ご参加ありがとうございました。今回、自由なら自由で素晴らしいこと。堂々と楽しく自由に生きればいいと思えたとのこと、よかったです。母なる力を書き出してみて、たくさんあることに気づいた。引かずに与えていこう、できることから与えようと思ったとのこと。すばらしいと思います。Kさんらしく与えていってくださいね。
Kさんがするどく気づかれたとおり「自分にはなかったもの」を人はほしいと思うものなんですよね。その「ほしかったもの」「あったらよかったなと思うもの」=自分が誰かに与えられるものでもあるようです。

もやもやする原点が幼少期ではなく、30代以降が影響していると感じるとのこと。
もちろん、原点は子どもの頃だけにあるわけではありません。Kさんが30代以降の影響かなと感じるなら、そう感じていることが大切なので、その感覚を大事にしてくださいね。
子どもを持つか持たないかは女性の生き方にとってとても大きなことなので、子どものいない生き方になるとしても、それを受け入れていく過程でいろいろな気持ちが出てくるものなんですね。ワークショップでは大人になってからのことに触れていませんが、もしよかったらカウンセリングでも話してみてくださいね。

同じような思いをしているのは、私1人ではないと分かりました。
自分自身について、マイナスに捉えていたことも、他者からみればプラスかもしれない。

与える力は、自分の血の繋がった子どもがいなくても、誰に対して与えてもいいこと。また、どのような方法で与えてもいいと気づきました。初めてでしたが、あたたかく受け入れてもらえて、安心しました。(Iさん)

Iさんご参加ありがとうございました。同じような思いをしているのは自分一人ではないと思ったIさんは、きっと注ぎたい愛情をたくさんお持ちの方なのだと思います。母なる力、母なる愛もたくさんお持ちなのだと思います。これから先、たくさんの子どもたちに愛情を注いでいってあげてくださいね。自分の子どもにも、血のつながっていない子どもにもたくさんの愛情を向けていかれるんだろうなと思います。

今後の自分の人生について考えると気分が落ち込みがちだったのですが、参加してみて、表面的ではなく意識の深い所で納得できたような気がします。他に相談できる人や同じ悩みを持つ人が周りにあまりいないので、本音を話したり聞くことで自分だけではなかったんだという安心感を得られました。

自分には愛なんてないし、愛ある行動なんてしていないと思っていましたが、意外に日常的な行動の中にその精神が含まれていることに気付きました。
2時間という短い時間で深い気付きを得られたことに感謝しています。ありがとうございました。(Aさん)


Aさん、ご参加ありがとうございました。このテーマで悩まれていたなら、愛を与えたい気持ちをたくさんお持ちなのだと思います。たくさんの愛情をお持ちの方はそれを与えることができていないんじゃないかと感じることが多いようなのです。日常的な行動の中に自分の愛の精神が含まれていることに気づいたとのこと。自然にそうされていたんですね。きっと周りの方々にもAさんの愛からの想いは伝わっているんじゃないかなと思います。

講座の紹介文にあった「自分の愛とエネルギーを注げる先がないことのむなしさ」が自分にもあると思って参加しました。一つのテーマで集まっているせいか、安心感がありました。
①「もしお母さんになったとしたらどんなお母さんになるでしょうか」というワークで皆さんの話を聞いて、あたたかく前向きな気持ちを貰えました。これが誰かに愛情を注ぐことで生まれるエネルギーで、それはとても強いエネルギーなのかもしれないと感じました。
②「私には愛情を注ぐ対象がないから注げない」「まだ愛情を与えるような関係じゃないから…」まさにこのような気持ちを持っていました。自分の子どもなら遠慮なく(安心して)愛情を注げていいなあ、、、!と、子どもがいる人達に対して羨ましい気持ちがあったことに気が付きました。

もっとじっくり皆さんの話を聞いてみたいなと思いました。普段の生活ではなかなか人と共有することが難しい話題なので…。貴重な機会をありがとうございました。(Nさん)


Nさん、ご参加ありがとうございました。時間、やっぱり短かったですよね。私も見ていて「もっとゆっくりお話を聞きたいのに~」としみじみ思いました。参加しているみなさん同士の話、もっとたっぷりお話いただけるように、次回以降はしていきたいと思ってます^^
自分の愛とエネルギーを注げる先のないむなしさが自分にもあると感じているとしたら、注ぎたい愛をNさんもたくさんお持ちなんですよね。自分の子どもなら遠慮なく安心して愛を注げていいな、と思うくらい注ぎたい愛をたくさんお持ちなんですよね。遠慮なく注ぎたくなるくらい、たくさんの愛情をお持ちなんだと思います。Nさんがお母さんをしている姿、見てみたいな~なんて思ったりもします。Nさんのやさしくあたたかな愛のエネルギーを注いでいってくださいね。

自分にとって大切な存在が亡くなってしまって自分の愛情をどこに向けたらいいのかわからなくなってしまい、何かヒントが欲しかったので参加しました。リアルでハグがしたいと思った。自分と似たような人がご参加されていたので親近感がわいた。もうすこし考える時間があると良かったです。自分の男性性が優位で女性性が隠れていることを実感した。ビッグマザーの話は時々耳にしていたけれど、どういったものかはよくわからなかったので今回教えてもらえてよかったです。わが家のwi-fi環境が悪く時々通信が途絶えてしまい申し訳ありませんでした。

停滞していたところに流れを作るためにも与えることをコツコツやっていこうと思います。私にピッタリのワークショップをありがとうございました。(Yさん)

Yさん、ご参加ありがとうございました。大切な存在が亡くなってしまわれたんですね。Yさんはその子にたくさんの愛情を注いだんじゃないかと思います。その子もYさんのそばにいられて、幸せだったろうなと思います。ビッグマザーに関心を持っていたYさんは、たくさんの人のお母さんになれるくらいのたくさんの愛情をお持ちなんですよね。
wifiがときどき途切れる中でのご参加、大変だったのではないでしょうか。最後までご参加いただき本当にありがとうございました。いい流れができていきますように。

ABOUT ME
中村陽子/心理カウンセラー
カウンセリングサービス所属。恋愛、婚活、片思い、復縁、生き方、自己実現などなど……年間600件のご相談を受けています。「このままでいいのかなと、もやもやする……」そんなときは電話カウンセリング(45分間)をお試しくださいね。ツイッターでも幸せをつかむマインドづくりのコツつぶやいてます@nakamurayoko70
カウンセリングを受けるには

カウンセリングを受けるのが初めてという方も、お気軽にお越しください。
うまく話せるかどうかなどは、気にせず、今悩んでいることをお話くださいね。
自分のほしい生き方をつかんでいきませんか?・結婚したいけど、うまくいかない
・出産タイムリミットが気になる
・子どもがなかなかできない
・異性に好意を持たれるとシャッターが下りてしまう
・異性とお付き合いしたことがない
・これから先の生き方が見えない/人生の行き詰まり感
などのご相談を多くいただいています。
直近のカウンセリングのご案内

◆面談(東京面談ルーム&オンライン)
10月6日(木) 10時、13時、16時、19時
10月10日(月祝) 16時、19時
10月16日(日) 13時、16時、19時

◆面談カウンセリング(オンラインのみ)
10月15日(土) 10時、13時

◆ご予約&お問い合わせは(お気軽にお問い合わせください)
カウンセリング予約センター
06-6190-5131
(12:00~20:30/定休日:月曜日、最終日曜日)

→最新のスケジュールはこちら

カウンセリングのご利用方法はこちらです。
→カウンセリングのご案内
→面談カウンセリングって何するの?