自信をつけたい、自己肯定感UP

過去を手放して幸せになるにために~投影を理解しよう

突然ですが、ある晴れた日の朝を思い浮かべてください。

朝、目覚めてカーテンを開けたとき、「うわ~、今日はいい天気。気持ちいい~」と思う日がありますよね。
別の日は、カーテンを開けて、「うわ、なんか憂鬱」と思うことがあります。

この差は、いったいなぜでしょう?
同じような天気なのに、ある日は気持ちよく感じて、ある日は憂鬱に感じるのは……なぜ?

実は、「自分の心の中が、映し出されている」からなんです。

例えば。
前日に職場で「この書類、本当に助かったよ」と言われてうれしい気分になり、今日はがんばっちゃった♪という気分で、眠りについたら……。
翌朝、とても気持ちのいい気分で目覚められます。
そして、カーテンを開けて「気持ちいい~」と感じるでしょう。

一方、前日に職場でクレーム電話をとってしまい、20分近くお客さんからの文句を聞くはめに。しかも、仕事が終わらず残業に。なんで私ばっかり……と重い気持ちのまま眠りについたら。
翌朝、窓の外を見ながら「なんかブルー」と感じるかもしれません。

この2つの違いは明確ですね。
前者はルンルン気分、後者はどんより気分……という自分の心の中が外側に映し出されるわけです。

この「自分の心の中が外側に映し出されている状態」を“投影”といいます

しかも……私たちが外側の世界を見ているとき、そのすべてに“投影”が起っているんです。
「すべてに」です。

心ってシンプルなんです。

世界が平和に見えるときは、心の中がおだやかで平和だから
世界がイラついて見えるときは、心の中に批判や怒りがあるから

……なんです。

今の出来事は、過去の体験を通して見えている!?

人は、過去に起った体験をベースにものごとを見ています。
言い換えれば、「過去の体験というメガネ」を通して、世界を見ているんですね。

たとえば
・私みたいなタイプは、男の人に好かれない
・本気で好きになっちゃうと、相手に重たいと思われるに違いない
・私なんて、好きになってもらえない

・職場の人たちに、よく思われていないに違いない
・目立っちゃうことをすると、人によく思われないに違いない
・私なんて、仲間に入れてもらえない
・こんなことしちゃうと、嫌われちゃう

・自分の身は、自分で守らなきゃいけない
・私のことなんて、誰も助けてくれない
etc…

今感じている感情や、起きている問題は、
過去のある時点でのものの見方・感じ方が引き起こしています

過去の体験というメガネをかけたままなので
過去=今
になってしまってるんですね

例えば……
昔、好きだった人が、私から去っていった(過去)
だから、目の前の人も去っていっちゃうかもしれない(今)

文字で読むと、「それは、ないでしょ」と客観的に思えますよね。
「昔、好きだった人が去っていったから、今の彼も去っていっちゃう」って、論理的におかしいのでは?って思えますよね。

でもね、心の中では、けっこうやってしまってるんです、これ。

過去の体験と、今、目の前のことは、別モノのはずなのに。
くっつけて、感じてしまっている。

「過去の体験というメガネ」をかけたまま、外の世界を見ている
これは日常的に起っているんです。

まずは、ここを心にメモしておいてくださいね。

じゃあ、過去の体験というメガネをなくすには、どうすればいいの?

実は「過去の体験」に、なんらかの思いや感情が張りついているんです。
悲しかった、さびしかった、くやしかった、怖かった、つらかった……そんな未完了の思いが残っているんですね。

未完了の思いを終わらせることで、過去の体験というメガネを手放して、ものの見方・感じ方を変えていくことができます。

まずはここまで。
「頭でわかったかも~」と思っていただければ、バッチリです

ABOUT ME
中村陽子/心理カウンセラー
中村陽子/心理カウンセラー
カウンセリングサービス所属。恋愛、婚活、片思い、復縁、生き方、自己実現などなど……年間600件のご相談を受けています。「このままでいいのかなと、もやもやする……」そんなときは電話カウンセリング(45分間/初回無料)もお気軽に使ってみてくださいね。ツイッターでも幸せをつかむマインドづくりのコツつぶやいてます@nakamurayoko70