自己実現、やりたいこと

嫉妬には、「自分のほしいもの」が隠れている

今の自分と誰かを比べて、ちょっとした嫉妬を感じることってありますよね?
で、その瞬間、嫉妬した感情を打ち消して、「っていうか、ああいうタイプの女性、好きじゃないし」と思う。
そうやって、「実はちょっとうらやましい人」と自分との間に、境界線を引いていることって、ありますよね。

例えば……。
ちょっときれいで、控えめな女性を目にしたとき
反射的に「ああいうタイプの女性と自分とは、ぜんぜん違うんだよね」と思ったり。

いきいきキラキラしていて、仕事も私生活も充実している人のフェイスブックを見たとき
反射的に「ああいう人と自分とは、ぜんぜん違うんだよね」と思ったり。
そんなこと、ありませんか?

もしくは。
週末に外出すると、カップルや家族連ればかりが目についたり、
フェイスブックで、誰かのリア充そうな様子ばかりが目についたりしたときに、
「私とあの人たちとは、住んでいる世界が違う」ように感じる。

そして、
「幸せとかそういうの、私には関係ないし。興味ないし……」
と瞬間的に思う。

そうやって、「ちょっとうらやましく見えるもの」と自分との間に、スパッと線を引いてしまうこと。
意外とやっているものです。
日常的に……。

でも実は……
「ちょっとうらやましく見える(けど、いらないっ)」と感じるものって、
本当は「ほしいもの」「なりたい姿」「興味のあること」「やりたいこと」……だったりするんです。

だけど。
なかなかスッと、そう思えなかったりするんですよね。
「だって、どうせ私には手に入らないし……」と、心のどこかで思っているから
「いらないっ」「私それ、興味ない」と思っちゃったり、するのかもしれませんね。

でもね。
自分が線を引いているから、「どうせ手に入らない状態」なだけ、なのかもしれないんですね。
「私それ、興味ないし」と自分が切り離しているから、手に入らない状態なだけかもしれないんですよね。

嫉妬とか、ちょっとうらやましい気持ちとか……。
そんな感情を抱くのは、

「本当は、私もそれほしいってことなんだな」
「本当は、私もそうなってみたいんだな」
「本当は、そういうのに憧れがあったりするんだな」
「本当は、そっちの方向に行きたいってことなんだな」

ということ。
そう、いったん、思ってみてほしいんですね。

実は、目の前の「本当は、ちょっとうらやましいもの」について
「それって、素敵かも」
「なんかちょっと憧れちゃう」
「私も実は、そうなりたいのかも」
と思うことができると、それらを自分の人生に取り込んでいけるようになります。

「あのカップル、いい感じだな~」
「あんな暮らし素敵だな」
「この女性、素敵かも」
「ああいうふうになりたいな」
「こういうの好きかもしれないな」
「私もなりたいな」
と思えたら、それらの素敵なところを自分の中に取り込んでいけるんですね。

「本当は、私もほしいっ」
「本当は、私もなりたいっ」
そう思えた瞬間から、たぶん何かが変わり始めます。

それまで「自分には手に入らない」と切り離していたものが、

「私も手に入れたいかも」

「どうすれば手に入れられるかな」

「私にも、手に入れられるかもしれないな」

「あれ、私も手に入れてた」

に、変化したりするんです。

とはいえ。
もちろん、嫉妬やうらやましい感情、出ます。いっぱい。出ます。
それらの感情が出てくるのは、過去のどこかで「だけど、自分には手に入らない」と思った瞬間があったからでしょう。
カウンセリングで話を伺い、「どうせ自分には手に入らない」という思いをひも解いていくと、「そっか。あのとき、こんな理由で手に入らないと思っちゃったんだ。だけど、もうそんなふうに思わなくてもいいのかもしれない」という気持ちになったりします。

そうすることで、切り離していたものを自分に取り戻すことができるんですね。

実は、
「その瞬間瞬間に何を思ったか」が、人生をつくっていきます。

うらやましい、嫉妬しちゃう……
それら気持ちを手放して、なりたい自分になりたい!
そう思ったときが、自分を変えるチャンスです。

お手伝いします。
あなたの本来の輝きを見つけ出していきませんか?

ABOUT ME
中村陽子/心理カウンセラー
中村陽子/心理カウンセラー
カウンセリングサービス所属。恋愛、婚活、片思い、復縁、生き方、自己実現などなど……年間600件のご相談を受けています。「このままでいいのかなと、もやもやする……」そんなときは電話カウンセリング(45分間/初回無料)もお気軽に使ってみてくださいね。ツイッターでも幸せをつかむマインドづくりのコツつぶやいてます@nakamurayoko70