自己実現、やりたいこと

今日は、会社をさぼってもいい日

私自身の話なんですが……。
むか~し。
若いころ、馬車馬のように働いていました。
そうしなきゃいけない、と思い込んでいたんですね。
出版業界のため、長時間労働が当たり前という環境だったんです。
残業は200時間近くしていた気がします。
残業代、出ませんでしたけど。
休みは月2、3日。とても起きる気になれず、寝ているか、布団の中に引きこもってマンガを読んでいるか……。
そんな生活でした。
「プライベートを楽しむ」なんて発想は、ぜんぜんありませんでした。
「楽しむとかって、自分とは無縁」と思っていました。
そのくらい「馬車馬のように働かなきゃ」と思い、「楽しみを自分に与えてはいけない」と思っていたわけなんです。
そんな私が、ひそかに救われた言葉がありました。
「あのね。会社なんて、さぼりたかったらさぼってもいいのよ」
そう言ってくれたのは、大先輩の女性でした。
男女雇用機会均等法……なんて発想さえまるでなかった、1960年代に短大卒で就職した女性です。
バリバリの男社会の1万人規模の大組織で部長にまでなった方でした。
「お嫁に行くまでの腰掛けで働き始めた」そうなのですが、親の介護などいろいろあって長い間独身で、気づいたら仕事しか残っていなかった。
そんな方です。
その方が40歳になる手前のある日……。
「今日は会社行きたくない、って思ったときがあったの。とても天気のいい日だったのね。気づいたら新幹線に乗ってたの」
そして、京都に行ったのだそうです。
「逃げることが、私に必要だったのね」

会社、行きたくない日があっていい。

さぼりたければ、さぼってもいい。
そう思ったら、心が軽くなりました。
「さぼってもいい」という選択肢ができたから。
けっきょく、さぼったことはなかったけれど……。
とてもいいお天気の日は、「今日はさぼってもいい日だな。でも、会社に行こう」。
青空を見上げながら、駅までの道を歩いています。
ABOUT ME
中村陽子/心理カウンセラー
中村陽子/心理カウンセラー
カウンセリングサービス所属。恋愛、婚活、片思い、復縁、生き方、自己実現などなど……年間600件のご相談を受けています。「このままでいいのかなと、もやもやする……」そんなときは電話カウンセリング(45分間/初回無料)もお気軽に使ってみてくださいね。ツイッターでも幸せをつかむマインドづくりのコツつぶやいてます@nakamurayoko70