失恋、復縁

失恋・離婚。相手から別れたいと言われて、自分を責めすぎていませんか?

恋愛や結婚で、相手から別れを切り出されたとき。
実は自分を責めすぎて、自分を見失っていることはとても多いんです。

別れを切り出されたとき。
切り出された側は、あまりに突然のことに「え? どうして?」と驚き、原因探しを必死に始めます。

どうして別れるって言われちゃったんだろう。
自分の何が悪かったんだろう。

そして、「あのときのあの態度が、悪かったんじゃないか」「自分のこういうところが、よくなかったんじゃないか」と思い返しては、「こうなったのも、自分が悪かったんだ」と自分を責めます。

相手に「どうして別れるって言うの?」と聞いたときの「お前のこういうところが嫌だった」「こんなふうに我慢したんだ」というダメ出しの言葉を、文字通りそのまま受け取ってしまい、「自分のここが悪かったからだ」と自分を責めることを加速させます。

相手の気持ちが離れて行けばいくほど、「自分のこういうところが悪かったんだ」と自分を責めてしまうのです。

場合によっては。
自分のダメダメなところを次々に探し出しては、自分を粉々に破壊するくらいまで、自分を責めてしまうこともあるかもしれません。

けれど自分を責め続けることは、負のスパイラルしか生み出しません。
立ち上がれなくなってしまうのです。

◇自分を責める気持ちの奥にあるもの

気づいてほしいことがあります。
そこまで自分を責めるのは、どうしてなのでしょう……。

自分を責めてしまう気持ちの奥には、「本当はもっとやさしくしてあげたかった」という思いがあるのです。

もっとやさしくしたかった
気持ちをわかってあげたかった
もっと上手に愛したかった……

そんな思いがあるのです。

もっとやさしくしたかった。
もっと愛したかった。

自分の中にあるそのピュアな想いは……「愛情」です。
愛情があふれんばかりにあるからこそ、「もっとこうすればよかった」と自分を責めているのです。

繰り返しますね。
そこにあるのは、あふれんばかりの愛情です。

◇「苦い経験から学んで成長した自分」の存在に気づこう

「あのとき、こうすればよかった」
「あんな態度、取らなければよかった」
後悔がいっぱい思い浮かぶかもしれません。

でも、もう自分を責めないでほしいのです。
もう十分すぎるほど、反省したのですから。

反省と、自分を責めることとは別物です。
反省とは、過去の自分の言動を振り返って考えることです。
「あそこがよくなかった」と気づいたなら、次はしないようにすればいい。
そして、いまのあなたなら、それができるはず。

だから。
「もう自分を責めなくていい」と、自分に言ってあげてほしいのです。

「もっと上手に愛したかったんだよね。上手に愛してあげられなくてごめんねって、思ってるんだよね。その思いは、きっと相手にも伝わってる。だからね、もう自分を責めなくてもいいよ」
そう言ってあげてほしいのです。

苦い経験をしたことで、一回り大きく成長した自分がいるはずです。
次は、いまより上手に愛することができるはず。
そこに自信をもってほしいのです。

いまはまだ、まるでイメージができないかもしれません。
それでも、次の恋愛・結婚では、もっと上手に愛することができるはずです。
愛する人と、いい関係を作れる自分になっているはずです。


ABOUT ME
中村陽子/心理カウンセラー
中村陽子/心理カウンセラー
カウンセリングサービス所属。恋愛、婚活、片思い、復縁、生き方、自己実現などなど……年間600件のご相談を受けています。「このままでいいのかなと、もやもやする……」そんなときは電話カウンセリング(45分間/初回無料)もお気軽に使ってみてくださいね。ツイッターでも幸せをつかむマインドづくりのコツつぶやいてます@nakamurayoko70