自己実現、やりたいこと

人生に流れを呼び込む小さなコツ

いまの自分について、「本当にこのままでいいのかな?」という気持ちがあるとき。
本当はもっと違う生き方がしたいのに、どこか閉塞感があって動きがとれないとき。
私の今の生き方、何かが違う。だけど、何をしたらいいのかわからない――。

そんなときに、やってみてほしいことがあるのです。
それは……思いつくままに、動いてみるということです。

ほんのちょっとでも、興味をもったこと。
「何だろうこれ。気になるかも」と少しでも思ったことに、手当たり次第に手を出してみる。

本屋に行って、目についた本を手に取ってみる。
ネットを見ていて、ちょっとでも気になった場に出かけてみる。
ふと思い浮かんだ友達に、会ってみる。
行ってみたかった場所に、行ってみる。
etc…

自分の人生が、どこか停滞しているようなときって
実は、流れが滞っていることが少なくありません。

たとえば…
本屋に行って、興味のあるタイトルが目に入ったけれど
手に取らないまま、素通りしてしまった。

こんなふうに<行動が止まってしまっている>こと、多いんです。

ちょっと気になる……というアンテナが立ったのに、
「行動しなかった」ということでもあるんですね。

ちょっと気になる……というアンテナは、
「ピピピッ。そこに何かのヒントがあるかもしれませんよ、ピピピッ」というサインだったりすることが、意外と多い。

そのアンテナに従って実際に行動をしてみると、どうなるかというと……。

本屋に行って、本を手に取った
→本を買った
→書かれていた言葉に興味を持った
→新しいアンテナが立った
→次の気になるものが目に入った……

と、だんだんと流れができてくること、けっこうあるんです。

ちょっとでも気になったことに、手を出す=行動してみる。
これ、とても大事です。

ちょっとでも気になることに手を出したからといって、百発百中、すべてがヒットするわけではないでしょう。
10動いて1つ、「ん? これちょっと面白いかも」くらいかもしれません。

それでも、動き続けているうちに、きっと流れができてくるでしょう。

これまで手を出さないで来たのは、
もったいないとか、必要ないとか、めんどうくさいとか、自分らしくないとか……。
そんなふうに思ってきたからかも、しれません。
そうやって、流れを止めてきたのかもしれません。

だとしたら、だからこそ。
「ちょっとでも気になったこと」に手を出してみる。
自分のために、何かをしてあげる。
自分のために、これまでとは違うことを、やってあげるんですね。

ちょっと気になるもの、興味のあるもの、面白そうなもの……を自分のために求めているうちに
気がついたら「これ、したかったんだ。私」に出会って、
「最近、楽しいかも」な毎日を、送っているかもしれません。

もちろん、手を出してみたものの不発なこともあるでしょう。
それだって、意味がある。
「そっか。これについては興味なかったんだ。私」と、わかるわけですから。

「いまのままでいいのかな?」という気持ちが、もしあるとしたら
それは、流れを呼び込み自分の人生を動かしたいということ。

その気持ち、どうか大切にしてみてください。

そして。
よかったら、お話を聞かせてください。
「なんだか、動きが取れなくて。
このままの生活を続けてていいのかなって思うんだけど。
おひとりさま、もうやめたいんだけど。
でも、何から始めたらいいのかわからない」

もし、そんな地点にいるのなら、
お話を聞かせてくださいね。
ひとりでやらなくて、いいんです。

どんなふうになったら、満たされた気持ちになれるだろう。
どんなふうになったら、自分の生活もなかなかOKだって思えるだろう。
どんなふうになったら、もうひとりじゃないって思えるだろう。

一緒に見つけていきませんか?
あなたの心が満たされる生き方を、
本当は手にしたいものは何のかを。
見つけていきませんか?

ABOUT ME
中村陽子/心理カウンセラー
中村陽子/心理カウンセラー
カウンセリングサービス所属。恋愛、婚活、片思い、復縁、生き方、自己実現などなど……年間600件のご相談を受けています。「このままでいいのかなと、もやもやする……」そんなときは電話カウンセリング(45分間/初回無料)もお気軽に使ってみてくださいね。ツイッターでも幸せをつかむマインドづくりのコツつぶやいてます@nakamurayoko70