婚活、結婚したい

婚活がうまくいくために大事なこととは――好きになること

マッチングアプリやお見合いパーティ、結婚紹介所で婚活をしている。
何人もの人に会ったけど、お付き合いするところまでいかない。
お付き合いはするけれど、結婚までいたらない。

そんなふうに、婚活はしているけれどなんかうまくいかない。
そんなお悩みをお聞きすることがあります。

実は、状況を聞いてみると……相手のこと、好きになってますか?
そんなふうに思えてしまうケースが少なくないようなんです。

条件的には申し分ないんだけど、好きかって言われたら……いい人だしそれなりに好き。
なんかそんなふうだったり、するんですよね。

「条件を見ているから、そうなっちゃうのかな?」
そんな声も聞こえてきそうですが。

その前に……人を好きになること、遠慮していませんか?
遠慮というのも、変ないい方なんですが。

「あ、この人好きかも」
そんな感覚をちゃんと感じていますか?

「好きかも」と思った自分の気持ちに、OKを出してます?
相手の出方を探って、抑えたり引っ込めたりしていませんか?

婚活なんだから、好かれなきゃいけないんだからと
「相手は私のこと、どう思ってるのかな?」
「相手の条件に、私はちゃんと合ってるかな? 大丈夫かな」
「相手はちゃんと、結婚前提で私のこと思ってくれてるかな」

相手の出方を探るあまりに、こちらの気持ちを置き去りにしていませんか?

男性って、鈍感だって知ってました?
(男性のみなさん、ごめんなさい)

女性のほうが「この彼、すてきかも」って、ハートマークにならないと
恋愛は始まらないんですね。

勘違いでもなんでもいいので
「彼女は、俺に気があるみたいだ」と相手が思わないと
始まるものも、始まらないんです。

「彼のこと、好きかも」「彼に触れたいっ」
そんな気持ちの高ぶりを抑え込んじゃうと、恋は始まらない。

婚活も、「恋が始まる段階」が必要なんですね。
お付き合いをはじめた後も、二人の関係が進んでいくためには「恋」が必要なんですね。

で、繰り返しになるんですが。
男性は鈍感なんです。
なので「彼に触れたいかもっ」って女性がトロトロに溶けそうな瞬間が必要だったりします。
その盛り上がりが、彼の気持ちも高ぶらせます。

ほんとうは「この彼のこと、気に入ったかも」と思ったとしても
気持ちの高ぶりを抑えちゃってるとこ、ありませんか?

会ってみていい人だけど、うんともスンとも気持ちが高まらない。
そんなお相手のことを言っているわけではないんです。

「この彼、ちょっといいかも」
そう感じた彼なのに、気持ちの高ぶりを抑えちゃっていたとしたら……。
それが婚活をうまくいかせていないのかもしれません。

本気で好きにならないように、していませんか?

もし本気で好きにならないようにしているとしたら。
気持ちが高ぶることを抑えてしまっているとしたら……。
それはなぜでしょう?

昔、大好きだった彼にふられたことがあるから?
本気で好きになると、自分が見えなくなっちゃうから?
ブレーキをかけておかないと、どうなっちゃうかわからないから?

もし、誰かを本気で好きにならないようにしているとしたら、なぜでしょう?

実は……
ここを通り抜けていくことが幸せな結婚、幸せなパートナーシップを築くために必要なこと。
本気で好きにならないように……の先に進むんです。

本気で人を好きになるのが、怖いのかもしれません。
でもその先に、とても大きな喜びがあると思いませんか?

自分の心の扉を開いて誰かを本気で好きになり、彼のことを本気で愛することができたら。
そんな大好きな彼とふたりで一緒に生きていけたら。
そこに大きな喜びがあると思いませんか?

人を好きにあることにブレーキをかけているとしたら、なぜだろう?
幸せなパートナーシップを手にするためにも
扉を開いていきませんか?

自分では気づいていない気持ちもあるかもしれません。
ぜひ一度、お話させてくださいね。

ABOUT ME
中村陽子/心理カウンセラー
中村陽子/心理カウンセラー
カウンセリングサービス所属。恋愛、婚活、片思い、復縁、生き方、自己実現などなど……年間600件のご相談を受けています。「このままでいいのかなと、もやもやする……」そんなときは電話カウンセリング(45分間/初回無料)もお気軽に使ってみてくださいね。ツイッターでも幸せをつかむマインドづくりのコツつぶやいてます@nakamurayoko70