今日のできごと

洗濯機の水があふれた。ピンチ!のときに感じたこと

自宅にて、大変なことが!

洗濯機の排水ホースを排水管から抜いた状態のまま、洗濯機を回してしまったのです。
それに気づかずパソコン作業をしていたら……台所から玄関が水浸しに。
うわーーーっ。

うちは古いタイプの部屋なので、キッチンの横に洗濯機置き場があって
キッチン&ダイニングが水浸しになりました。

大量にあふれた水を必死で排水管に集めて排水しながら、
賃貸会社の担当さんに電話しました。

「すみません。洗濯機の排水を部屋の中にあふれさせちゃったんです。
下の階に何か影響が出ているかもしれなくて」

すると担当さんは、言いました。
「すぐ行きます。いま、マンションの別の階にいるんです」

すぐに来てくれました。
「どうしました?」

「洗濯機の排水をあふれさせちゃったんです」

「中村さん、保険入ってます?」

「どうだろう? ちゃんと更新したかな?」

「下に浸水していたら、天井のクロスの張替えになるかもしれません」

「がーん」

そんなやりとりをしたあと、担当さんは下の階を確認に行ってくれました。

その間、必死で、床の水をふき取っていました。
どうか浸水していませんように~。

まずいまずい、と思いながら雑巾で必死に水をふき取りました……。
どうしよう、どうしよう。
保険の更新どうしたっけ?

まずい、洗濯機の下も水浸しだ。
だけど、洗濯機が動かせない。
どうしよう、どうしよう。

ピンポーン。
「下の階、ちょうど空室なんですけど。大丈夫でしたよ」

よかったー。

だけど、洗濯機の下がまだでした。

「すみません。ほんとに申し訳ないんだけど。ちょっと手伝ってもらってもいいですか?」

すると担当さんは言うんです。
「もちろんです。そのつもりで来てますから」

え? そのつもりで来てくれてるって、どういうこと?

「ちょっと待っててください。着替え持ってるんで着替えてきます」

そしてスーツのズボンをはき替えて、水浸しの部屋に入ってきてくれたのです。

洗濯機の下の水をふきたいというと
「お安い御用です」と洗濯機を動かしてくれました。
持ってきた雑巾で、一緒に床も拭いてくれました。

どうしようどうしようと不安だった気持ちが、いっきにほぐれました。

電話を受けたときから、手伝うつもりで来てくれたんだ。
どうしました? 何でも言ってください。
そう思って、飛んできて来てくれたんだ。

そう思ったら、なんか泣きそうに。

自分の力でなんとかしなきゃ。
まずいことが起こらないように、自分で早くなんとかしなきゃ。
と、思ってたけど。

助けますよ。
手伝いますよ。
何でも言ってください。

人はそう思ってくれているのだと、しみじみ感じました。

担当さんは言ってくれました。
「僕も男ですから。中村さんより力はありますから。
任せてくださいよ」

ありがとう。
ほんとうにありがとう。

***

人は、あなたを助けたいんです。
いつだって、手を差し伸べたいと思っているんです。
世界はやさしさで、あふれている。

それをしみじみと感じさせてもらえた、午後でした。

ABOUT ME
中村陽子/心理カウンセラー
中村陽子/心理カウンセラー
カウンセリングサービス所属。恋愛、婚活、片思い、復縁、生き方、自己実現などなど……年間600件のご相談を受けています。「このままでいいのかなと、もやもやする……」そんなときは電話カウンセリング(45分間/初回無料)もお気軽に使ってみてくださいね。ツイッターでも幸せをつかむマインドづくりのコツつぶやいてます@nakamurayoko70
〇ワークショップのご案内
「本来の自分らしさ」を取り戻すワークショップ。
恋愛、パートナーシップ、自分らしい生き方、人間関係などなど
カウンセリングを進める中で、必ず出てくる大切なテーマなんですね。
自分らしく生きられるように。
知らぬ間に封じ込めてしまった自分を取り戻していきませんか? おすすめです!

日時:2020年11月15日(日)13:30~15:30
参加費:3300円
>>>ワークショップの詳細はこちらから